本当に出張がイヤな人がいるのね選挙のお願いで5000万円

2013年11月23日

特定秘密保護法案ってアメリカの圧力で作るんですよ

「特定秘密保護法案ってどう思う?」なんてことを、最近よく聞かれるようになりました。「ああ、あの盗聴を知った時のドイツみたいな反応をさせないように、実質的占領国の日本を黙らせる法案ね」というと、「へー!」という反応が返ってきます。

こっちが「えー!」ですよ。あれは、アメリカがばらされたくない秘密を、日本政府に「絶対にばらすな」と命令するための法律です。成立を急いでいるのは、日本の機密も盗聴されていたし、それをロシアに亡命したスノーデン氏が知ってる可能性が高いからです。

そんなこと、国会議員なら知ってるし、党首なら当然知ってますよ。そんなもん、国内で知りえた情報なんて、メディアが知ったら平然と記事に書きますから、こんな法律あっても何の影響力も持ちません。だって、ブログに書けばいいわけでしょ。

今だって、ウィキリークス(http://wikileaks.org/wiki/Category:Japan)にいっぱい載ってますよ。もんじゃの映像(http://wikileaks.org/wiki/The_Monju_nuclear_reactor_leak)だって出てる。こんなの止められませんよ。あのおしゃべりな国会議員に言ったら、平然と人に伝えちゃいます。

それなのに、なんか議論してるのってバカでしょー。バカバカしいから、この委員会を与党側が平然と欠席しまくってる。先日なんて民主党が会議をボイコットしたら、委員会成立人数に足りなくなってました。単なる政争のためだけに言い合いしてるんです。

例えば、個人情報保護法ってあるじゃないですか。あれを盾に私がPTA会長やってる小学校では、PTA名簿を作れないって言ってます。

だけどね、住民基本台帳の中で「住所、氏名、生年月日、性別」は閲覧可能です。以前は誰でも見れる「原則公開」だったので、国でデータが販売されてました。公用・公益性が高い場合はOK。お金払えば公開されます。そう、PTA名簿なんて作成できるんですよ。

なんか急いでる法案があれば、アメリカの外圧だって思う、単純な頭の構造を持たないといけないし、そもそもの法律の中身を知らないで「反対!」とか「名簿つくれない」なんて言ってるのは、バカバカしいと感じてます。

gq1023 at 06:11
本当に出張がイヤな人がいるのね選挙のお願いで5000万円