仕事の中身や知人との関係は極秘特定秘密保護法案より派遣社員をなんとかしろ!

2013年11月18日

プロモーター・オーガナイザー・エントラント

aee2a19b.jpgレースにはプロモーターという仕掛け人が必要で、MotoGPならドルナ、F1ならFOMやFOAがそれにあたります。全体プロモーションには莫大な費用が必要で、その資金を放送権販売や全体スポンサーを獲得して全体を経営します。

例えばMotoGP日本ラウンドがおこなわれるツインリンクもてぎ。ここには立派なセーフティーカーが用意されていますが、MotoGPの時はBMWのセーフティーカーになります。これ、年間でサポートするパートナーだから。そんな部分まで売られてます。

もちろん莫大な費用を投下してくださったパートナーのために、各サーキットでもしっかりとプロモーションが行われます。各パートナーパーティー、前夜祭、表彰レセプションといった形で行われる他、モーターホームでは常時豪華な料理が振舞われます。

プロモーターの下にはレースのオーガナイザーがいて、サーキットに指示を出して運営を行います。コース上の全看板をMotoGP用に貼り変え、必要なしつらえをして、レース運営に必要な審判員を派遣して本番に挑むのです。

参加者であるエントラントも、MotoGPの一員ですから、そのルールに従った行動を取ります。そこに従わない者は、単純にそこから排除されるだけです。

欧州サッカーがすごい市場と言っても、その市場は賭博です。イタリアで言えばトトカルチョ。プロモーターが賭場を仕切るから盛り上がる。日本の公営競技みたいに、ただ自治体が開いてるだけの賭場じゃ盛り上がらないのです。

ようするに、プロモーターってのは盛り上げるのが仕事なんです。レースなんか、全部白い外装にして、全部同じ車体とタイヤにして走らせたら、ぜんぜん楽しくない。そんな状態で速いライダーを決めたって、誰も興味を示さない。

プロレスだってそう。ガチンコで強いの決めたら、毎回勝者一緒ジャン!そんなの盛り上がらないんですよ。盛り上げるために、強いチームにイチャモンつけたりレギュレーション変えちゃう。そうやって盛り上げて行くのがプロモーター。

そういう意味では、日本のバイクロードレース界には、プロモーターがいないような気がするんです。各サーキットが主催者で、あとは参加者。主催者は自分のサーキットでの開催を、できるだけ赤字を抑えて開催したい。年間のシリーズをPRするって姿勢はナシ。

8耐が全日本と全く別物ってのも不思議なんですよねえ。レースの素人だから、好き放題書いてますが、プロの方々からしたら、何様だって感じなんでしょうねえ。

ガチンコ!って番組で「バリバリ伝説」って企画があったんです。その時も、せっかくメディアに露出される機会なのに、関係者が「あんなのやらせだ」と言いまくったんですよ。バイク雑誌やレース関係者からも評価されなかった。チームシンスケもそう。とっても不思議です。

私は広告の仕事では、様々な業界のプロモーターさんとお仕事します。バイクレース業界も、そういったイベント自体を仕切る人が登場すればいいのになーって、他人事のように思ってます。

gq1023 at 05:25│ バイクレース(含む8耐) 
仕事の中身や知人との関係は極秘特定秘密保護法案より派遣社員をなんとかしろ!