ボケちゃダメ政治家になんてなれない

2013年11月04日

原爆に関するあくまで個人的な疑問

原爆の補償問題の話しって今もやってるでしょ。ものすごく単純な疑問なんですが、原爆の被害にあったのって昭和20年8月のことですよねえ。1945年8月ですよ。今って2013年です。68年前の話しですよねえ。

ちょっとした足し算すると、30歳で被爆された方は96歳で、20歳の人でも86歳、10歳なら76歳ですよねえ。えらーい長生きですよね。まあ、その年齢になると、いろんな病気が出て当たり前と思うのですが、失礼があったらごめんなさい。

遺伝子が損傷を受けて、その結果人間の再生機能が破壊されて、様々な問題がおきるんですよね。その人って被爆してなかったらもっと長生きするってことですか?若干話しに疑念を抱かざるを得ないのですが、これは本当に悲惨な方への補償になってます?

東京大空襲で被災した方は何の補償もないですよ。って言うか、さすがに時効じゃないですか?これって、医療機関や研究機関とずぶずぶの関係になってたりしません?被ばく研究費とか言ってお金も出てるんじゃないっすか?さすがにもう時効でしょ。十分長生きでしょ。

これは、もしかすると本当は40歳ぐらいまでしか生きられなかった人を、被ばく研究することで、長期間生かすことができているのかもしれません。確かに今も、被ばく研究の資料やデータの大半は広島・長崎のものです。チェルノブイリの物よりはるかに多い。

さらに補償については、被ばくさえなければ若い時代に楽しい時間を過ごせたのに、各部の麻痺や痛みでつらい時間を過ごした代償として支払われているのかもしれません。もちろん、そういう事だろうとは思ってるのですが…。

そもそもなんで日本が補償する話なの?これってアメリカがやるべきじゃないの?っていうか、なんで他国の人も日本に文句言ってくるの?攻撃してきたアメリカに補償を申し入れるべきでしょ。いや、あくまでバカなオッサンの意見ですけどね。

平和ボケした戦争を知らない子供たちがすっかりオッサンになると、こんなことを思ったりするって事を書き綴ってみました。悲惨な歴史の中でご苦労された皆様方を愚弄する意味は全くございません。全くもって個人的な疑問です。

gq1023 at 05:52│
ボケちゃダメ政治家になんてなれない