デザインってのは紆余曲折に手間がかかるのPLとBSぐらい学校で教えて欲しい

2013年10月20日

クリエイティブの世界

クリエイティブの世界は大好きで、本当にたくさんのCMやイベントをつくってたんだけど、幸か不幸かプロダクションから広告代理店に入れて、最高の舞台で仕事できるようになって、前年対比とかレスポンス率とかと戦うようになって、とことんイヤになって、そんな時に女性問題もあって、会社を辞めちゃった。

その時は、ミュージシャンになろうと思って住み慣れた大阪に引っ越して、元々音楽ではベーシストとしてプロ仕事もやってたんだけど、本気で食って行こうと思ってたのに、ビートルズを日本に連れて来ちゃった人から仕事を頼まれて、気付いたら元スーパーアイドルのツアーマネージャー。トラックの駐車場手配や、一行40名の交通や宿泊手配ですよ。

離婚の費用は払えないしで、四苦八苦しながら阪神高速道路の工事とかまでやって、なんとかかんとか食いつないで、なんとか安定的な仕事にありつけたのに、その仕事を捨ててまで添乗員みたいなド短期バイトに入ったんです。

そこからフライデーに載っちゃうし、いろんな事がおこりまくって、まだ健在だったおばあちゃんから30万円借りて東京に引っ越しまして、離婚もしまして再婚もして、まだまだ超ビンボー生活だったのですが、もう音楽なんて言ってられないので、昔のツテを頼って広告の仕事をもらうようになり復活。

といっても、底辺レベルでの復活だったので、ずーっと3DKのダイニングに、カラーコピー機やパソコンやシュレッダーがあるという、非常にシュールな状況でした。それが3年半。

再婚した時に「3年で家を買う!」って宣言したので、全く払える可能性はないけど、フルローンで自宅購入。払わなきゃいけないので、必死の営業。これは気迫が違いました。売上激増で赤字も激増し、経営観念がつきまして、そんなことで経営コンサルにまで事業が発展。

顧問料で生活費が払えるようになったんで、通常の仕事のお金を慈善事業への寄付やレースに振り分けられるようになったんです。

そんな時にね、去年偶然にも広告仕事時代の仲間から、タレント関係の仕事を紹介してもらい、そんな空気を吸ったんです。そして、今年は15年ぶりにCMのお手伝いもやりました。その刺激のおかげで、自分でCMディレクションも久々にやったし、音楽もやりはじめました。

なんだか人生って分かんないですねえ。今日、友人のフェイスブックで、この映像を紹介してもらいました。泣いた。やっぱ、クリエイティブは世界を変える力があるね。





gq1023 at 00:03
デザインってのは紆余曲折に手間がかかるのPLとBSぐらい学校で教えて欲しい