JALがエアバス導入その昔、テレクラにて

2013年10月09日

24勝と61本

7f42733a.jpgパ・リーグに奇跡の負けナシの24勝を挙げた投手がいます。田中将大選手。兵庫県出身ですが、駒大苫小牧に野球留学して東北楽天入り。24歳で年棒4億円。

セ・リーグに脅威の本塁打61本という選手がいます。ウラディミール・バレンティン選手。メジャーとマイナーを行き来していたがヤクルト入り。29歳で年棒95万ドル(約9千万円)。

その順位は楽天優勝でヤクルト最下位。その差はどこにあったのでしょう?それは誰にも分かりません。ただ言えるのは、順位としてはそういう結果になってるってことです。それにしても極端な結果となりました。

なんか企業に似てますよね。1人のスターがいても、それを盛り立てる周りの存在が大切。一人じゃ何もできません。ヤクルトのチーム本塁打数は134本。楽天の勝ち星は81勝。バレンティンはチームの約半数のホームランを打ち、田中は約3割の勝ち星を稼いだってことです。

せ・リーグで2位の阪神の本塁打数って82本です。パ・リーグで2位の西武で一番勝ち星を挙げてる投手は11勝です。結局はチーム力であり、それを引き出す周囲の力ってのが大きいと思うのです。

チームねえ、そうですよねえ、個の力に頼ってるようじゃ勝利は得られない。非常に勉強になった今年の日本プロ野球でした。

gq1023 at 06:54│
JALがエアバス導入その昔、テレクラにて