あのー招致委員会様船場太郎

2013年09月07日

飲食店の順番

じつは飲食店のお客さんは、注文した順番を記憶してます。だから自分より後に注文した人に、早く料理が運ばれてくると、ムカっと来てます。でも大半の人は店員さんに指摘しない。黙って出てくるのを我慢するわけです。

ただし、それが複数回になったり、複数人数飛ばされたり、ほとんど客がいないのに、自分が後回しにされたりすると話しは別です。ほとんどの人は、2度とその店に行かないでしょう。それほど客商売ってのは敏感です。

昨日、喫茶店に4人で入りました。客は私たち4人のみです。注文は、他の3人がアイスコーヒーで、私だけが紅茶でした。アイスコーヒーはすぐ出てきましたが、紅茶はその5分後ぐらいでした。そして店員さんが持ってきて一言「紅茶をご注文のお客様?」と聞いてきました。

いやー、ギリギリまで言葉が出かかりましたよ、「お前アホか!?」ってね。なんとか踏みとどまって「私です」って言いました。全員唖然の出来事でした。

あの雑なアメリカ人ですら、飲食店で注文したメニューを記憶してないとか、提供順序を間違える人っていないですよ。どんな小さな店でもね。それなのに、なぜか日本人は平然と「カレーのお客様?」なんて店員が言ってのける。これは日本人の能力が低いのでしようか?それとも飲食店を志す人の意識が低いのでしょうか?

そんなこんなで、今後飲食店のコンサルやる時は、「客は注文した順と、料理が出てくる順をしっかり見ている」ってことを、飲食店の皆さんに伝えたいと思いました。

gq1023 at 05:58
あのー招致委員会様船場太郎