5時前から雷鳴が轟きまして・・・あのー招致委員会様

2013年09月05日

バイクはストレートの速度では曲がれない

今年の鈴鹿8耐で、うちのチームのバイクの最高速は時速280km以上。でも、一番ゆっくり曲がるコーナーでは時速60kmです。

予選では2分10秒台が出ましたが、耐久レースは転倒しないことが重要で、ずーっと2分16秒ラップしていれば、ノーミスなら最終的に10位前後に浮上します。

いろんなチームが、いろんなバイクを使ってチャレンジするんですが、なぜか同じタイヤを使ってるチームってのは、同じようなタイムになって来ます。

それって人生と同じですよね。ストレートの速度では突っ走れない。だけどある程度の速度は必要だし、強引に曲がれば転倒するし、慎重すぎると周囲に抜かれてしまう。だからといって、各自に驚くほどの差があるわけじゃない。だから人生というレースは楽しい。

スタートダッシュ決めたって、倒産して首くくって死んじゃう人もいるわけでしょ。だからといって、ひたすら堅実で、何の変哲もない人生の人もいる。なんでもいいんですよねえ。誰かと比較したり、誰かに嫉妬したりする必要なんてない。

そう思った時に、ゴールの日時が決まってない人生ってのは大変だなあと感じました。そんなわけで、とりあえず10年後ぐらいまでの直近の夢とゴール日時を決めたいと思います。

gq1023 at 11:26│
5時前から雷鳴が轟きまして・・・あのー招致委員会様