よく会社が回ってるもんだ福知山の花火大会は主催者の責任か?

2013年08月19日

スマートホン大人気!

853643d2.jpg少なくとも私の周辺で「スマホにして便利になった」とか「スマホにしたら電池が長持ち」と言ってる人はいないので、どうもスマホは使いにくいようです。

それどころか、「ぜんぜんスマホの使い方分からない」とか「電池がぜんぜん持たない」なんて言ってる人ばかり。しかも、携帯電話ショップに行っても、ダウンロードしたソフトのことは感知しないから、何か問題が発生したら、ユーザー自身での解決能力が問われます。

携帯用のインターネット端末なわけで、その割には画面が小さく見にくい。しかもCPUの性能が低いので、しょっちゅうダウンする。ボタンに触感がないのでブラインドタッチできない。しかも電話としては使いにい。

WiMAX内臓パソコンとWiFiルーター使ってる私としては、別に調べ物があればスマホ以外で調べるし、そもそも携帯電話が使いにくくて電池がもたないんじゃ、商売あがったりなんで、スマホはソフトの動作確認端末しか持ってません。

ほんの20年前は「ポケベルが鳴らなくて」ってドラマがゴールデンタイムにやってたんですよ。その後に携帯電話が普及して、爆発的普及は阪神大震災後にデジタル携帯が普通になってからでした。

その後も漢字入力ができるようになり、発着信番号が表示できるようになり、メールができるようになり、写真が撮れるようになり、iモードサービスがはじまり、インターネットに接続できるようになりました。そのたびに買い換えてきたでしょ。

端末メーカーは、この端末ってヤツを売り続けないといけないのです。通信キャリアも、そのサービスを差別化させて顧客獲得競争に勝たなきゃいけないのです。ロードマップは5年先ぐらいまでできていて、すでに3年後までに発売する機種は試作済みです。

今、通信キャリアは契約回線数で戦っているので、スマホとガラケーの2台持ちを勧めています。きっとこれは今後激増するでしょう。そうするとスマホは情報端末に特化していく。電話じゃなくなるわけです。1台で2回線分の情報を集約できる端末も出るでしょう。まあそんなもんです。

あと5年もしたら、「そういえばスマホってあったなあ」とか言ってるんですよ。もうiphoneが出て6年ですからね。悲しいかな、流行物ってのはそんなもんです。たまごっちやプレステみたいなもんです。エレクトリックホビー物は、どんどん技術が進むので、短期間でブームが終焉するのです。

本当に広告の仕事してるとせつなくなります。サランラップとかコカコーラみたいに定着する携帯電話があればいいのになーって思ってます。

gq1023 at 06:24
よく会社が回ってるもんだ福知山の花火大会は主催者の責任か?