中小零細広告代理店の倒産が増加歴史に名を残したいヤツ

2013年08月12日

登坂車線の最高速度は60km/h

65200d3c.jpgいつぞやのブログにも書いたのですが、高速道路で見る登坂斜線。あれ、どう考えても危ないのです。だって、速い車はいくらでも車線変更できるけど、遅い車が車線変更して、さらに遅いのがビュンビュン走ってる走行車線に、また戻ってくるんですよ。危ない。

昨日、その話しをしていたら、「登坂車線の制限速度60km/hってのも危ないですよね」って言われました。「なにー!高速道路上に制限速度60km/hの車線をつくってんのかー!?」って感じですよ。

じつは登坂車線って、高速道路の最低速度50km/hに達しない車のために設置されてるらしいのです。しかも、登坂車線は高速道路ではないらしく、付加道路というか一般道と同じ扱いなので、最高速度が60km/hになるらしいのです。

あのね、3輪トラックとか360ccの軽が走ってる時代じゃないっすよ。トラックが直噴ターボなんて言い出したのって、もう30年以上も前でしょ。うちが昨年買ったワゴンRなんて、ノンターボだけど余裕で100km/h出ますよ。

そもそも、100km/hで走ってる走行車線に60km/hの車が入ってきたら危ないじゃないですか。絶対につくるべきは追い越し車線なんですよ。線を引きなおすだけでしょ。こういう現状に即さない古い法律を放置してることは、絶対におかしいと思います。

歴代の運輸大臣や国土交通大臣がアホなんですかねえ?せめて最高速度は高速道路の速度規制を適用すべきですけどねえ。あーやだやだ。

gq1023 at 06:15│
中小零細広告代理店の倒産が増加歴史に名を残したいヤツ