MFJロードレース委員会8耐決勝中の転倒映像から

2013年08月08日

美白化粧品問題

f40bba74.jpg今話題の「肌がまだらに白くなる」ですが、これは化粧品に有用成分が入っていたための問題です。一般的に化粧品ではこんな問題はおきません。

今回の化粧品は「医薬部外品」にあたります。「美白」「保湿」といった表現をするには、指定された成分を入れる必要があり、この化粧品は美白をうたうため「ロドデネール」という、このメーカーが開発した新成分を入れてました。

よくあるニキビ用化粧品って、別にニキビに効く成分は入ってません。これも特定の成分を入れると、ニキビ用っていえるようになるだけです。

この医薬部外品化粧品は、厚生労働省がOKを出したから医薬部外品を名乗っているわけで、まあ国のお墨付きみたいなもんです。それで問題が発生した。1メーカーの問題だけでなく、審査の仕組み自体にも問題があるのかもしれません。

ただね、化粧品で肌が綺麗になるってのは、基本的にあり得ないんです。薬事法って法律で、一般の薬局で販売されるお薬は、効果が大して出ない程度の成分量にすることになっているんですね。ってことは、薬じゃないものが、何か効果出るのはおかしいって事になってます。

そもそも化粧品って、水・グリセリン・BGなんてのが主成分です。裏に成分表示が書いてますが、今は多い順に書くことになっていて、一番最初にこれらの成分が書かれているはずです。これ、どれも水みたいなもんです。ぶっちゃけ水が一番安全です。

ようするに、化粧品って水なんですよ。ほとんど水なんだけど、そこに色やら香りやらベタベタ成分やサラサラ成分を入れる。その上で「保湿」だとか「しっとり」とか「すべすべ」「べたつかない」なんてやるだけです。

まあ、綺麗になる化粧品ってのがないから、いつまでも化粧品が売れ続けるわけで、そのおかげでいろんな化粧品が誕生して、私のような広告マンも食ってるわけで、それはそれでありがたい話しです。ダイエット薬もそうですよね。絶対にやせない。

そこに、まだらでも白くなる化粧品が出てたってことに驚きました。「美白効果」かどうかは分かりませんが「白効果」はある。じつは、肌に合う人が少なからずいて、その人はとっても白くなってるんじゃないかと想像したりしてます。

それにしても、8ブランド54商品の回収騒ぎになってます。一大事ですよこれ。そんなに大量に有用成分を入れてるとは思えないのですが、そんなに入れてる製品があったんですかねえ?被害にあわれた方は本当に大変ですが、メーカーさんも気をつけて肌に悪影響のない製品をつくってもらいたいもんです。

gq1023 at 09:13
MFJロードレース委員会8耐決勝中の転倒映像から