新型ホンダアコードハイブリッドの衝撃美白化粧品問題

2013年08月07日

MFJロードレース委員会

今後のロードレース界を左右する会議であるMFJロードレース委員会。その「2013年度第1回ロードレース委員会 議事録」がアップされてます。その中に、来年へ向けて少し気になる記述があります。

それはST600クラスの変更。このクラスは、市販のバイクそのままでやるレースで、STというのは「ストック=そのまま」って意味です。タイヤも市販のタイヤを使っていて、参加費用が安く済むので人気のクラスになってます。

ただ、僕らからすると改造ナシのクラスなんてつまらないので、興味の範囲外にあるレースではあります。だって、市販車が走ってるレースって、一般人だって誰も興味持たないでしょ。路駐してるバイクと同じなんだもん。

ただ、このクラスにもいろいろあって、タイヤはもはや市販されてるとは言え、レーシングタイヤに少し溝を切った程度になってるし、フロントサスペンションは、ケースがノーマルなら、中身を入れ替えても良くなってます。しかも、ブレーキだってノーマルで海外製品をつけるメーカーも出ていて、本来の目的とは外れかけていました。

ですが、今回は「車両は完全ノーマルにこだわり、一般的な市販タイヤで、それも1メーカーの1品番をつけましょう」って方向のようです。タイヤメーカー間の競争をなくし、みんな同じタイヤをつけることで、単純にライダーの技量が問われるクラスにしたいのでしょうか?

普通の市販タイヤでサーキットを走れば、確実に遅くなります。タイヤを暖めるタイヤウォーマーの使用も禁止するらしいので、さらに遅くなるでしょう。遅くて滑りやすいタイヤが、レースファンを増やして参加者にも楽しみを与えるのか、注目したいと思います。

最後になりましたが、決して否定的にとらえていません。レギュレーションと言うのは常に変わるものですからね。それに素晴らしいレギュレーションなんて今まで一度も誕生したことないですからね。とにかく決定を待ちたいと思います。

gq1023 at 06:27│
新型ホンダアコードハイブリッドの衝撃美白化粧品問題