Tポイントカードアシアナ航空機着陸失敗

2013年07月06日

鈴鹿サーキット:フェラーリ衝突、ドライバーが重体

一部のサイトに載っていた「鈴鹿サーキット:フェラーリ衝突、ドライバーが重体」の報道。あまり気にしてなかったのですが、鈴鹿に行ったら「結構なアクシデントだった」と複数の方から聞き、YouTubeに映像があるというので、みて見ました。

唖然です。「ゴール直後のピット付近で」って書いてましたが、思いっきりメディカルセンターの前です。どの車もチェッカー後で完全にスローダウンしてる中、ものすごい速度でレッカー車や救急車を出す所のガードレールに衝突してます。

しかもこれ、フェラーリ・レーシングデイズ2013ってイベントの中のレースだったそうです。ピットエンドで小林可夢偉の車のすぐ後ろの車両に接触して、コースを右側にそれて大クラッシュになってますが、当該車両はそもそも速度が異常です。

これ、チェッカー見落としかブレーキトラブルですね。普通は、10番ピット付近までこんな速度で走って来ないです。どんなレースでもそうですが、チェッカー見落としは、非常に危険な行為です。オフィシャルもコースサイドまで出てきてますしね。

実際に今回も、ガードレールの所で完走した車両に拍手を送っていた係員が、受傷してます。足の骨折ですんだのは幸いでした。

ドライバー方は意識不明だそうです。コクピットセルはちゃんと残ってますし、メディカルセンターの前なんで、すぐにクビや背中を固定できたと思いますので、なんとか回復していただきたいものです。

ドライバーブリーフィングやライダーズブリーフィングでは、危険な映像を見せられる時があります。しかしコースに設置された監視カメラ映像なんで、こんな怖いのはあんまりありません。いやー、背筋凍りました。ドライバーの方も、よく生きてたもんです。

明日はわが身と思って、常に注意しないとダメですね。



gq1023 at 05:04
Tポイントカードアシアナ航空機着陸失敗