日台漁業協定を結んだ影のドンは誰だ?民意をなめちゃいかん!

2013年06月28日

軍の求人広告・自衛隊の求人広告

10fa7da0.jpgkanbuアメリカ行くと、とにかく軍の求人広告をよく見かけます。まあ、元々は徴兵制だったので、とにかくあの規模の軍隊を維持するには、どんどん人を採用しないといけない。

キャリアセンターってのが、ショッピングモールとかいろんな所にあって、そこに「医師やパイロットや通信士といったキャリアを積むことも夢じゃない」とか、「活動の場所を世界に広げよう!」なんて文言が書かれたチラシやパンフが、大量に置かれています。

もっと直接的な「ブラックホークの乗り方知ってる?」とか、「ここには強さがある。陸軍は強い!」なんてのもあって、とにかくガンガン広告やってます。

それに引き換え、自衛隊の求人広告って、ダサくないですか?最近は萌え系も増えてます。どこ狙ってるんでしょう?若くしてキャリアを増やすことができて、高額な装備を自由に扱えるって感じがしません。この差は何なのでしょう?

そもそも、誰にいくらで発注したら、こんなにダサい広告作れるのでしょう?私なら、ここまでダサいの恥ずかしくて提案できないです。作った方にはすみませんが、どう見ても自家製に見えるんですよ。

自衛隊の地位向上とか、日本軍を再整備する前に、このダサい雰囲気をなんとかできませんか?アメリカ軍と同じ装備でも、なんとなくかっこ悪いんですよ。同じF15でも、なんか変なんです。迷彩服もそうでしょ。ちょっと答えが見つかってない私です。

己の選択肢として、自ら日の丸を背負い、祖国と愛する人々のために毎日切磋琢磨し、その生活の中で真の友人や人生を見つけるというのは、決して悪い選択肢だとは思わないのですが、そういう求人広告になってないような気がするんですよねえ。

まあ、この辺の映像みてください。ハリウッド映画です。





gq1023 at 05:17
日台漁業協定を結んだ影のドンは誰だ?民意をなめちゃいかん!