変えない勇気・変える勇気仕事で食うって事

2013年06月22日

産休1年で復帰が困難なのに3年

今、現在最大1年となっている産休ですが、産休明けの復職が困難って話しから、1年を3年にしようって流れになってます。でも、1年でも戻りにくい制度を3年に延ばすと、戻りやすくなるのでしょうか?

だいたいの会社では、産休中は給与は出ません。ただし、健康保険組合から出産手当金が出ます。ちなみに国民健康保険では出ませんよ。

それって、出産前の給与を参考に、約6割程度支給されるのですが、支給期間は出産前後の約100日ほどです。産休明けにやめる人が多いのは、この出産手当金目当ての人も多いのです。逆に、出産前に退職する人は、出産手当金の存在を知らない人でしょう。

最初から辞める気なんだけど、もらえる物をもらってから辞める人が多い。その実績データを使って、「産休後1年以内に退職する人が多い」なんて事を言い出したバカがいて、バカとバカは共鳴するので、どんどん突っ走って国会では産休3年ってなりつつあります。

問題の根本って分かってます?少子高齢化対策ですよ。3年休めると男女に思わせれば、エロ気分が盛り上がって生でぶっ放すということですよね。本気ですか?子供いなくても共働きで暮らしてる人が、子供できたら3年も無給でいられるんですか?ちょっと信じられません。

もう少し、頭良くなりましょうよ。少子化対策って国家運営の基本ですよ。もっと意味のある法体系を整備して欲しいです。

gq1023 at 08:47│
変えない勇気・変える勇気仕事で食うって事