後進的な日本刑事司法はアフリカでも有名だった!?何が8耐だよ

2013年06月17日

プロの広報というのは都合の良い事実だけを伝えるのが基本

379bdf14.jpg朝日新聞のこの記事「国の原発広報、事故後25億円 天下り・電力系7割受注」について、ちょっと疑問があります。

国の原発広報は「原子力は安全です」だけだったのが、「市場の食品は安全です」も加わりました。市場に出てない食品が危険になってるのは、原子力が危険だったからですが、それは棚上げして、広報活動は今までもこれからも「安全です」が基本です。

あくまでプロの世界における広報とは、都合の良い事だけを生活者に一方的に伝えるのが目的であって、事実を客観的に伝える報道や情報開示ではないので、この原発大逆風の中であれば、天下りや電力系が受注して当然だと思います。

例えば、酒癖の悪い歌手がニューアルバムを出すとして、「酒を飲まなければいいヤツが送るニューアルバム」なんてやりません。そんなことは常識です。

朝日新聞だけ受注額が少なかったのでしょうか?相当額を受注してると思いますがねえ。片棒を担ぎながら、一方でおかしいと叫ぶのはおかしい感じがします。

一般生活者だけは、一方的に電気料金値上げされてますからね。もらってる側が「あいつはもっと悪い」ってやるのは、駐車違反とられた人が「あいつはもっと悪い」って言ってるような、後味の悪さがあります。

ヒステリックにならず、みんなで確実に状況を良くする事を考えようと言う意識を醸成すべきだと思うのですが、電力会社は国が悪いと言い、国は電力会社が悪いと言い、メディアは国も電力会社も悪いと言っていても、何も解決しないのではないでしょうか?

子供が路上で野球をやっていて、駐車中の車がへこんだとします。投げた井上君は打った木下君が悪いと言うけど、木下君は悪意はないと言う。そこで車の持ち主の大野さんが「子供には悪意はないので今回は許しましょう」って言うってのは分かる。

だけど今回はそういう話じゃないっすよ。いきなり野球やってた人から請求書が来て、一方的に被害者の大野さんが費用を支払わされたあげく、「私たちは野球中の不慮の事故による車のヘコミを直す努力を続けています」とか「車はへこんでも安全です」なんて言われてる。しかも、その広報費用も大野さんの負担です。

こんなもん納得いくわけない。お金もらってるのは朝日新聞だって同じ。事故以前からずーっとお金もらってる。悪いのは国だとか天下りだという前に、お前も同じじゃねーかと強く思う次第。そして、こう書いている私も電気マネーの流れているメディアや広告界で食べているので同罪です。ただ、私は文句言ってませんからね。

gq1023 at 07:56│
後進的な日本刑事司法はアフリカでも有名だった!?何が8耐だよ