HRC、モトバム、鈴鹿8耐プロの広報というのは都合の良い事実だけを伝えるのが基本

2013年06月17日

後進的な日本刑事司法はアフリカでも有名だった!?

94e1c033.jpg日本の刑事司法が後進的なのは有名で、冤罪だらけってのは知ってましたが、まさか世界中にばれてるとは知りませんでした。

国連で拷問禁止委員会ってのがあって、すでに2006年にそこで日本政府の審査が行われ、「ダメだこりゃ」の勧告を出されていたそうです。そして6年ぶりに、今回2回目の審査が行われたそうです。

まあ、逮捕されたらほぼ有罪ですよ。お手盛りでね、検察官も裁判官も警察もグルとは言わないけど、あうんの呼吸でやってる。まあ誰かの出世がからむ時は、無罪判決出ないように気をつけたり、求刑と判決が近くなるように配慮する。そんな国です。

取調べに弁護士立ち会わせたがらないでしょ。朝から晩まで取調べしてもいいし、取調べしなくてもいい。逮捕した相手が否認してたら、些細な案件でも検察官は10日間の拘留期間延長を出す。

しかも、これが出るとほぼ自動的にもう10日間拘留延長付くんで、逮捕から22日以上は警察に入ることになる。そんな事になったら、勤め人ならは完全に社会的地位というか、会社に残ることすらできない。もうダメになるんですよ。

居酒屋で酔ってケンカして店の物を壊して逮捕。器物損壊ですよね。知らないって言ったら22日以上拘留される。酔ってて知らないと言っても、山ほど目撃者がいるはずでしょ。でもダメなんです。自白を得るまで拘留する。

しかも接見禁止という、弁護士以外は誰とも会えない措置をつけます。友達が「お前、絶対やってたから早く自白して出て来い」って言う機会すら奪うわけです。言っておきますが、日本の刑事事件は有罪率99%ですからね。

今回、アフリカはモーリシャスの委員に「まるで中世だ」と言われたそうです。その瞬間、会場中に「そうだ」って雰囲気が流れた。ところが、空気読めない人ってのがいて、それが日本の人権人道大使だったそうです。「日本は最も先進的な国の一つだ」と言ったらしい。

出た、日本伝統のお家芸「KY」です。そう、結婚式で「3つのおふくろの話し」する時点で「KY」ですが、乾杯の発声に指名されてるのに、グラス持ったままペラペラ10分以上スピーチする「KY」などもいる。先輩面とか先輩風とかも「KY」です。

この「KY」に、やっぱ国際会議なんで爆笑できないから、みんな含み笑いしたそうです。でも、クスクスと世界中の人がいえば、まあ聞こえたのでしょう。そしてここで、さらなる「KY」をやります。「笑うな。なぜ笑っているんだ。シャラップ!シャラップ!」と発言。

あー、英語話せないヤツがよくやる失敗炸裂。なんでそこだけ英語なの?しかも差別用語。何大使でしたっけ、ああ人権人道大使だったら大丈夫ってわけねーだろ!こんな所でプッシーとかファックとかコックとかガッデムって言っちゃいけないんだよ!

別に「What kind drink do you want?(お飲み物は何がよろしいですか?)」と聞かれて、「イエース!」って答えるぐらいなら、バカ丸出しですがいいですよ。でも、差別用語はいかん。使うならクワイアットです。日本人が「ディスカウントプリーズ」って言ってるのをよく耳にしますが、そこで使うのチープっす。

国連の拷問禁止委員会ですよ、そこで予想外の差別用語登場に会場はシーン。普通ならここで雰囲気察しますが、KYなんで「よし静かになった」と思ったんでしょうねえ、もう一発「それは私たちの誇りだ!」と演説ぶったそうです。

すっごーい、これは絶対に西友からKY賞を与えるべきだ。これぞ本気のカカクヤスイじゃないほうのKYである。すいません、日本政府にお願いしたい。英語分からんヤツはジュネーブ連れて行かないでください。行ってもいいけど、国連とかでスピーチさせないでください。

gq1023 at 04:30│
HRC、モトバム、鈴鹿8耐プロの広報というのは都合の良い事実だけを伝えるのが基本