東北六魂祭・福島梅雨入りしても雨が降らない

2013年06月03日

石巻・松島・塩釜・多賀城

昨日は福島県福島市で行われた六魂祭に行ったのですが、そこに東京FMの番組「やまだひさしのラジアンリミテッド」のやまださんが、実際に店頭に立ってPRする南三陸のブースがありました。

単純にカレーライスを食べるつもりだったのですが、そこにホテル観洋監修のレトルトふかひれスープってのがあって、それを買ったんです。そして裏を見たら、製造が気仙沼市の会社になってる。ちょっと気になって、久々に時間の関係で石巻まで行ってみることにしました。

震災3週間経たないうちに現地入りしたのですが、高速道路が仮復旧しており、飛び跳ねながらも石巻ICまで行けたので、そこまでは状況が分かりませんでした。

石巻ICを降りるとイオン石巻やニトリといった新しい大型店が軒を連ねるロードサイドタウンがあるのですが、全くの無傷。死者・行方不明者数千人が、にわかに信じられない雰囲気でした。ところが、少し走ると川沿いの住宅街が全部なくなってる。衝撃です。

でも、大型店が無傷なんで「ここは大丈夫」と思い、もっと先を目指しました。石巻から山を越えると南三陸。そこは、もっと驚くような状況でした。全部ないのです。あるのはベイサイドアリーナ・志津川中学校・志津川小学校といった感じで、山の上にあるもの以外ないのです。そんな中、海の断崖に面したホテル観洋は無傷で残っていました。

救援物資は持っていったものの、ベイサイドアリーナの収容人数が数千人。ぜんぜん足りません。志津川小学校にペットフードと子供たちのためのジュースやお菓子やおもちゃをお届けしてきました。こういうの、誰からも送られて来ないんです。

その後、気仙沼まで行って、そこはロードサイドタウンが全滅していて、心が折れて岩手県入りできませんでした。宮城県でいっぱいいっぱいです。陸前高田に行く勇気は出ませんでした。帰りは一般道をつかって、松島・塩釜・多賀城を経由して高速に乗りました。

そんな事を思い出しながら石巻入り。石巻でかまぼこを買って、仙石線で松島・塩釜・多賀城を見て帰って来ました。

仙石線って、普通の電車があおば通駅から石巻駅まで走ってたんですが、石巻駅から陸前小野駅はディーゼルになってました。途中矢本駅で降りて代行バスへ。松島海岸駅からは電車が復旧してます。代行バスの区間は、まだまだすさまじい状況です。

松島は復旧してますねえ。外国人がたくさんいました。人的被害は大きかったのですが、当時すでに営業再開してる店舗もありましたからねえ。塩釜は漁港が無事だったんです。無事って言っても潮かぶって、大型船が何隻も陸に押し上げられて滅茶苦茶でしたが、岸壁が残ってたんです。いっぱい思い出しました。

だめですねえ行かないと。あれから5回ぐらいしか現地に行けてません。6回目は何もせず見て回っただけでしたが、今月中にもう1回行くぞと心に決めました。

今、JR東日本がデスティネーションキャンペーンを、この地域でやってます。よろしければ、一度足を運んで、まだまだ復旧が進まない今の現状を、その目で見てみてください。

gq1023 at 05:47
東北六魂祭・福島梅雨入りしても雨が降らない