「問責決議が出た場合、辞任のお考えは?」居酒屋にて

2013年06月01日

ボキャブラリーは少ないほど相互理解が早い

2568bcc3.jpg私ね、会社やってて思うのですが、世の中の人って物事を難しく考えすぎ。というか、自分を高い位置に置きすぎだと思うのです。私なんて、高校卒業できたのもギリギリだし、大学って所に行った経験もない。

だけど、人間の脳みそって17歳までしか成長しないわけですよ。あとは老化。だったら、18歳以降に変な知識をつけないほうがいい。

私の会社名「ヒポポタマス」って、動物のカバを英語にしただけです。なのに「舌かみそうですね」なんて言われる事も多い。でもね、カバを英語にしただけですよ。ちなみにサイはライノセロス。どちらも短くして「ヒポー」と「ライノー」って呼びます。アメリカでは幼稚園児も知ってる。

そんな英語も分からない人がね、ビジネスミーティング中に「コアコンピタントが」とか「チャネルの拡大が」とか言うわけですよ。それ、英語じゃない。というか、英語の意味を間違ってる。

よく「ステイタスが」って発言する人がいるんですが、「Status」って「状況」って意味です。こんなレベルの単語で使い方間違ってる。勝手に思い込んで使ってるわけですね。まあ、ウインカーって英語じゃないのを知らない日本人は山ほどいますからね。

そうやって考えると、英語は学んだけど日本語なんて大して学んでないから、間違いだらけです。1万円札出すと、おつりもらう時に「1万円からで先に大きいのを7千円」なんて言ってるのも日本語ダメダメ。目上の人から何か頼まれた時に「了解しました!」なんて言ってるのは最悪です。「かしこまりました」でしょ。

私ね「難しい話しだね」って言われる話しほど単純だと思い込むようにしてます。だって、その人がペラペラ誰かに話してる事が、重要な難しい内容であるわけないでしょ。

いらんボキャブラリーはいらないのですよ。「もっともらしい」会話って「ウソ」ってことでしょ。「正論」って「間違い」でしょ。「方向性」って話しをしてる時って「何も決まりそうにない」って事じゃないですか。世の中単純ですよ。

人間なんて、犬とか猫とかアリと同じ、地球上の生物ってだけですよ。違うのは、いらん知識がある。うちの猫が、急に周りを意識して、BMW製の首輪をつけたりしませんもん。そもそも首輪自体がいらん。洋服着てる生物っています?ヤドカリぐらいでしょ。「理解」ってそういうことを「分かる」ってことですよ。

部下の長い報告を延々された後、「要するに何だ?」って言う人いるでしょ。お前が要しろよって感じですよ。「最初からお話しすると」って言われた時に、話しを最後まで聞いたらどういうべきだと思います。当然トラブル中の上司だって状況は分かりますよね。

答えは単純で、「報告ありがとう」ですよ。全否定するにも、そこから入ると、相手の受け取り方が全然違う。バカはありがとうを省き、「なんで最初から言わない」とか「失敗した理由は?」とか言った挙句、最後は「お前が対処して、逐一報告しろ」ってなる。まあそういう責任を取らず、何でも人のせいにするヤツって出世するからね。「果報は寝て待て」ってのは「何もしない」って事です。

ちゃんとした人は「ありがとう」ではじまって、「危ないかもと思った瞬間に、みんなを頼れ」とか「役に立つか分からんが俺も相手先に一緒に行くよ」とか「仕事上のトラブルを自分の事として抱え込むな」とか言うわけです。これ常識!

野球で言えば、ノーアウト満塁のピッチャーに、「ここで打たれたら殺すぞ!」って言うのと「最悪4点で振り出しだ」って言うのと「お前が何点取られても、みんなが返してくれるって思え」って言うのは一緒ですよ。簡単に言えば「よろしく!」とか「がんばれ!」です。

そんなことで、ボキャブラリーは少ないほど相互理解が早いと思ってます。多い皆さんは、気をつけてねー!

gq1023 at 06:44
「問責決議が出た場合、辞任のお考えは?」居酒屋にて