ランチのジョギング株価暴落

2013年05月23日

生のプロスポーツには子供たちを輝かせる力がある

45faf97f.jpgうちの近くのお好み焼き屋さんでよく会う母子家庭の親子がいて、その子がサッカー教室に通ってるけど、練習に行きたがらなくて、ゲームばっかりやってるって話しをしてたんです。

だから私が、「だったら行かなきゃいい。心からサッカーをやりたいと思って来ている他の選手や、一生懸命教えに来るコーチ達に迷惑だからね。」と言って、その子をうちに泊めて、サッカー行かさずにテレビゲーム三昧させたんです。

それが2011年12月17日の土曜日。翌週はクリスマスですよ。その時にね、クリスマスプレゼントをあげるって約束したんです。テレビゲームだと思います?

いいえ、プレゼントは、第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会・準々決勝「京都サンガF.C. VS 湘南ベルマーレ」のチケットでした。なぜなら、プロの試合を観たことがないって言ってたからです。

2011年12月24日のクリスマスイブ。親子で行った等々力のスタンドには、大観衆とは言えない約4千人の観客が詰め掛けていました。でも彼にとっては初めてのビッグスタジアムと大観衆です。そしてその試合は、彼が応援した京都サンガの勝利で終わりました。

この天皇杯、結局京都サンガは意外にも決勝戦まで勝ち進みます。この彼は1月1日の元旦に、どうしても観たいといって、自分からテレビのチャンネルを「第91回天皇杯決勝」に合わせたそうです。

「あそこで観た人たちがテレビに出てる!」といって感動しきりだったそうです。結局、京都サンガは準優勝で終わったけど、彼にとってはスーパーヒーローの出現でした。

今その彼は、サッカーが大好きになったそうです。進んで練習に行くようになったというのを聞いて、本当に良かったと思いました。その彼は、きっと未来のプロ選手になって行くことでしょう。

野球でもレースでもゴルフでも、生のプロスポーツには子供たちを輝かせる力があります。それはテレビでは伝わらないものです。だから、そんなプロスポーツの現場に、一人でも多くの人々に足を運んでもらいたいと思ってます。

gq1023 at 13:11│ バイクレース(含む8耐) 
ランチのジョギング株価暴落