学校経営勉強なんていつでもできる!

2013年05月21日

ええかっこしい vs かっこええやつ

20代前半で帰国した時に、ものすごく背が高くてかっこいい先輩がいて、その先輩がBMW320iに乗ってたんですね。E30ってやつなんですけど、とにかく超カックイーなんです。

180cm以上ある体を器用に折り曲げながら、この小さな車に乗るんですが、その仕草がかっこいい。しかも話すと最高にざっくばらん。どんな話ししても大笑いしながら「お前アホやなー!」とか「オオノ最高やで!」とか言ってくれる。好きになるでしょー。

それで自分もBMW選んだんですよ。6気筒がエエって言うんでE28のBMW520iをね。だけどかっこ良くならない。理由は簡単で、ええかっこしいだからです。そもそも身長が10cm以上違う。それでも調子にのって乗り回してました。

だけど、お取引先の社長に言われたんです。「七五三のスーツみたいに似合ってない」ってね。私はこう解釈しました。「ブカブカ」「親に買ってもらったように見える」「お前には似合わない」ってね。

すぐ買い換えましたよ。プジョーの205GTIって小さい車にね。そしたら急に仕事がとれるようになりました。それまでも営業成績は悪くなかったんですが、急に上昇したんです。

この変化、私はこう理解しました。「ええかっこしいからかっこええやつに変わったんだ!」とね。すべてにおいて、自分に似合わないとダメですもんね。

それからです。高級ブランドのカバンを安物に変え、筆記用具に万年筆使ったり、2万円以上もするようなペンを使うようにしました。営業マンとして、ビジネスに直接的影響を及ぼす文具にお金をかけたんです。しかも、その文具は普段は使わない。契約書へのサインや、大きな案件の打合せ時などだけに使ってました。今もそうです。

私と言う人間は、少しでも油断すると「ええかっこしい」になります。だから、どんな時もそうならないよう、「かっこええやつ」でいられるよう、背伸びせず自然体で生きていきたいと思ってます。ただ、調子には乗りますがね。

gq1023 at 05:23│
学校経営勉強なんていつでもできる!