防衛庁幹部の事故死ええかっこしい vs かっこええやつ

2013年05月20日

学校経営

先日公表された学校法人堀越学園の破綻。一瞬同じ名前なんで、あの芸能人が通う有名校かと思ったのですが、ぜんぜん関係ない、群馬の学校でした。

調べると、ここってあのノリピーこと酒井法子さんが通うって話題になった、創造学園大学を持ってる所で、高崎医療技術福祉専門学校も経営してたのですが、あまりに不祥事が多く、文部科学省に解散命令を受け学校解散。その直後に債権者に破産を申し立てられたそうです。

不祥事と言っても、堀越高校がグループですとウソついて企業債売ったり、監査法人の印鑑を偽造したりって事なんで、超悪質なんですが、すでに2007年末には教職員への給与遅配が始まって、私学事業団には2008年度の補助金交付を取り消されてます。

生徒はかわいそうですよねえ。何にも悪いことやってないのに、学校がダメで放出される。正直そう思います。

だけどね、学校ってのは金儲けで学校やってるわけで、儲かってないヤツがいるってのも事実。しかも学校に通うヤツも、金儲けするためにハク付けようと思って行くのが大半でしょ。そう考えると、通うほうというか金払う親も、ちゃんと調べないといかんですよね。

入学検定料って東京の大学だと3万5千円ぐらい。1学年500名程度の小さな大学で、倍率2倍だと3万5千円×1000名で3500万の利益が転がり込みます。なんかスポーツで名前売って受験倍率が0.5倍アップするだけで、1千万の利益が増える。運動神経だけのバカを入れる価値は、そういうことなんですよ。

これ、毎年1万人以上入る大学だと、この20倍の商売です。早稲田大学だと倍率が約5倍でしょ、1学年1万人超だから、試験は約5万人が受ける。3万5千円×50000名だと入学検定料だけで17億5千万円です。すっごいでしょ。

しかも、合格したら入学金を納めるでしょ。複数学部の併願や東大と併願してる人も多いから、入ってきた入学金も、一定の割合で放棄してもらえる。もっと儲かるわけです。

ちゃんとした学校ってのは、商いが上手く行ってる学校ってことです。受験前に、相手が儲かってるかどうかを見極めることが、親子ともに必要な時代ではないかと思います。

gq1023 at 08:02
防衛庁幹部の事故死ええかっこしい vs かっこええやつ