ソニー、全役員がボーナス返上グローバル社会

2013年05月02日

オリンピック招致活動終了!?

beb04bec.jpgとっても良い雰囲気で招致活動が進んでいたのに、ゼネコンやスポーツ団体にも東京オリンピックへ向けた組織が出来た所もあったのに、知事の残念な発言で、東京でオリンピックが行われる可能性がなくなって数日が過ぎました。

なかなか心の整理がつかず、この話題を書けなかったのですが、ようやく落ち着いて来たので、この件を書きたいと思います。

オリンピック招致活動の大前提は、「他の都市を批判したり比較してはいけない」というものです。だから、常に立候補地のトップは、その他の立候補地を賞賛します。「世界の素晴らしい都市とともに、私たちが並んでいることを誇りに思います」といった発言でなければいけません。

世界はプラス思考です。アメリカで20ドル札出して5ドル25セントの物を買うと、14ドル75セントがつり銭って考えるのは、マイナス思考の日本人の考え方です。

アメリカでは、お店の人が「5ドル25セント」って言ってから、そこに25セント硬貨を1枚出すたびに「5ドル50」「5ドル75」「6ドル」ってカウントして、1ドル札を1枚づつ足して「7ドル」「8ドル」「9ドル」「10ドル」ってやって、最後に10ドル札1枚を足して「トゥエンティ!」ってやります。本当です。

相手がダメなら自分が良くなるという発想では、世界とは戦えません。オリンピック招致活動は、バカみたいな知事選とは違うのです。経済力や政治力は当たり前ですが、その他に品位や品格が求められるのです。

石原前知事時代の招致活動最大の失敗はココにありました。悪口がクセになってる人ですから、やむをえないのですが、最後は招致活動のツール製作等を依頼した広告代理店まで「金払わない」なんて言って敵にしちゃってました。

私はね、猪瀬さんは人格者だし作家だし、何よりも石原さんの近くにいたから、同じ失敗はしないと思ってたんです。だけど、もっと悪い発言しちゃいました。

「インフラが整っておらず、洗練された設備もない二つの国と比べて下さい」とマドリードとイスタンブールを否定し、「イスラム諸国が共有しているのはアラーだけで、お互いにけんかばかりしている。」と、トルコだけでなくイスラム全体を否定しました。

その発言って必要あります?自己PRって相手批判じゃないっすよ。そもそも、立候補都市のトップが、オリンピックに関して発言する場合は、すべて世界へ向けてのメッセージだと思わないといけない。なんで分からなかったんですかねえ?

マザー・テレサはこう言っています。
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

なんだかなあって感じです。

gq1023 at 08:30│
ソニー、全役員がボーナス返上グローバル社会