宇宙の中で宇宙人やってます今日のお酒のお供にアメリカ軍はいかが?

2013年04月13日

どうした韓国?

4532b84d.pngその昔、韓国にはKCIAという秘密組織がありました。金大中氏の暗殺を企てトラックで突っ込んだり、日本のホテルグランドパレスでクロロホルムを嗅がせて意識を失わせた上で拉致。夜中にクルーザーに乗せ、海に沈めようとした事も分かってます。

この時はクルーザーをアメリカ軍から連絡を受けた自衛隊が追い掛け回し、まさに海中に放り投げられる寸前に照明弾を投下し、逃げられないと思ったKCIAは、遅いクルーザーでの行動を回避しプサンで船を放棄。その後アメリカ軍に追われ、金大中氏はソウル市内で開放されました。

この事件については、いっぱい日本の怖い人やフィクサーも関わっていて怖いので、あとはいろんな本などを読んでみてください。

その後、金大中氏が大統領になって、このKCIAは国家情報院という組織に改編となったのですが、どうもここの情報がヘンです。

だって、前回のミサイル発射というか人工衛星を打ち上げた時も、韓国では「ミサイルを発射台から撤去」「近日中の発射はない」とされてました。じつはこの時、日本のメディア各社は、韓国の報道を真に受けて誤報を流しちゃったんですけどね。

この発射台から撤去されたという情報は、アメリカ軍から韓国軍と自衛隊ならびに両国諜報機関に伝えられてます。ところが、その情報がすぐ韓国メディアで流れた。あり得ないでしょ。軍事衛星でどこまで見てるかバレちゃうじゃないですか。

だからアメリカ軍は、その後の「発射台に別のミサイルが取り付けられた」って情報を韓国側に流さなかったんです。だけど、その後もデマが流され続け、結局は情報収集能力がないって事を露呈する結果になりました。日本のメディアもですがね。

そもそも、金正日氏が亡くなった日に、当時の李明博大統領は日本にいました。翌日は「日本大使館の前にもっと従軍慰安婦像できちゃうぞ」なんて言ってた。北朝鮮トップの死すら分からないって事がバレちゃったんです。

その前にもね、当時は北朝鮮のNo.2だった金正恩氏が「単独で訪中!」って情報が流れて、世界中のメディアが騙されて誤報を流しまくったって事件がありました。もう、全然信用できないし、お話しにならないって感じです。

各国政府はね、その半年ほど前の延坪島砲撃事件を察知できなかった時点で「怪しいぞ」と思ってたんです。だけどメディアは分かってなかった。

あの攻撃って、北朝鮮側からは完全に死角になる市街地を正確に狙ってる。韓国軍の砲撃って約半数が海に落ちたんですが、北朝鮮のは一発も海に落ちてない。北朝鮮の攻撃精度の高さと韓国軍の精度の低さが分かった。北朝鮮は手ごわいぞとね。

今回も、韓国国防省の金Ε愁報道官は「10日には発射」「11日早朝」「12日発射」「15日前後までが発射期間」と、好き勝手に話してます。

さすがに大統領も「(怖いんで)対話します」って言ってるし、国連事務総長の潘基文氏も「対話しましょう」ってテレビで呼びかけました。いやいや、こっちが怖いっすよ。その強硬路線からの急変は何なんですか?そんなに情報取れないの?

今日、中国の習近平国家主席とアメリカのケリー国務長官の会談です。「中国が止められないなら、日韓米でやっちまいますよ!」「だったら人民解放軍も本気でいくぜ!」って会談です。いやー、本気で怖いんですけど。よろしくお願いしまーっす!

gq1023 at 02:45
宇宙の中で宇宙人やってます今日のお酒のお供にアメリカ軍はいかが?