核兵器開発する事を核保有国にクレームされてもねえ日本人はそんなに気が長くない

2013年04月11日

補助金や助成金は世の中を活性化させない

93789f96.jpg日本中に広がるシャッター商店街。立派なアーケードとしっかりした店構えはあるけれど、客は寄り付かず人は減る一方です。その理由を「大企業がショッピングモールを造ったから」という人がいます。果たしてそうでしょうか?

街の整備やアーケードの建設には補助金や助成金が大量に投下されて来ました。でも商店街という概念が出来て、まだ100年も経っていません。実際に普及したのは戦後。しかし、スーパーマーケットも少し遅れた1950年代に登場してます。

その時日本は、スーパーマーケットには補助金をつけず、商店街にはお金を投入する作戦を取ったんですね。しかも70年代には法律でも(旧)大店法なんてのをつくって、徹底的に制限した。商店街に大量にアーケードがつくられたのは、この頃です。

でもね、すでにこの頃にはモータリゼーションの波が押し寄せてたんです。造るべきは駐車場だった。結果はご覧のとおりです。立派なアーケードや街灯の下に小さな商店が立ち並び、それがシャッターを閉めてる。もう誰も寄り付きませんよ。

これ、農業に置き換えてください。戦後に世界では大規模農業が普及して来ていたのに、そうさせなかった。おかげで農業大国だった日本は、ASEAN諸国にすら遠く及ばない農業後進国になっちゃいました。農地にはシャッターがないから見えませんが、実際は休耕地だらけです。

補助金や助成金は世の中を活性化させないんです。何もしない人に20万円あげたら、その中で暮らすんですよ。10万円あげても同じ。要するに乞食化する。乞食はもう這い上がって来ないですよ。あとは金が減ったら文句言うだけ。

私は自分もそうなるのが分かってるから、絶対に補助金や助成金は申請しません。ましてや公務員になるなんてあり得ない。あんな努力が認められず、勝手に議員が決めるバカ政策の事務作業とクレーム対応だけやらされるなんて、まっぴらごめんです。

ダイエーやJALを助けて何の意味があるんですかねえ?エルピーダなんて国が支援した上で破綻しましたよねえ。あれ、借金の82.6%を放棄させた上で、マイクロン・テクノロジーに売却されました。どう考えても計画倒産に見えますが、国って寛大ですねえ。

前に商店街の1Fに飲食店が出たら終わりって書いたでしょ。なぜか分かりますよね。飲食店は昼と夜しか人を集めない。呉服屋・宝石屋・時計屋・仏具屋・寝具店といった高額商品売る店が消えて、居酒屋・牛丼店・ラーメン屋なんてのが出来たら、もう終わりです。誰でも分かりますよね。

その程度の経営指導もできない人に、経営指導員やらせたり、公金投入の窓口やらせたら、投下する金は無駄金になりますよ。当たり前です。

別に大学出たわけでもないし、高卒でブラブラしてた自分ですら分かることが、なんで立派な大学を出て、立派に公務員やったりなんちゃら議員やってる人々に分からないのか、とっても不思議に思っておる次第です。

gq1023 at 07:34│
核兵器開発する事を核保有国にクレームされてもねえ日本人はそんなに気が長くない