堀江貴文氏の仮釈放に思うこと零細企業の仕事

2013年03月29日

外国人投資家が19週間ぶりに売り越し!

昨日、東京証券取引所が衝撃の発表をしました。なんと「東京・大阪・名古屋3市場の3月第3週(先週)の株式売買で、外国人投資家が日本株を19週ぶりに売り越したというのです。その売り越し額がなんと918億円!

まあ、3月は第1週に買い越し額が1兆円を超えてたので、大した話しじゃないのですが、日本の株は海外投資家が価格動向を決めてますので、先週の株価は国内投資家が買い支えていたことになります。実際に個人投資家の買い越し額が3136億円と出てます。

うちはもう国内株はやってません。いや証券取引自体をやってません。それに現役世代の経営者ですから、景気が良いときは、働いたほうが儲かるのです。

だから、単純に株価は上がるほうがいい。上がればお金持ちがもっとお金持ちになって、儲けたお金が市場に出回るからです。アブク銭が多ければ多いほど、アブクはどんどん増えていきますからね。

昨日の発表で株を売って利益確定させた人々も多いことでしょう。普通ならそうします。別に今日の動きを見て、また買うなら買いなおせばいいですからね。

今日は年度末。多くの企業の決算です。株価が上昇したので、含み益を抱えている企業も多いことでしょう。でも今日の価格が重要。株を持ってない私は、静かに見守りたいと思います。

gq1023 at 05:29│
堀江貴文氏の仮釈放に思うこと零細企業の仕事