数字の中身は自分で分析しろ!外国人投資家が19週間ぶりに売り越し!

2013年03月28日

堀江貴文氏の仮釈放に思うこと

18a0cbdb.jpg私はね、粉飾決算はいかんと思ってるんです。それはね、若いときに経験したアイペックという会社が店頭公開後2年で倒産した件に端を発してます。

私がカナダに行ったのって、このアイペックという会社がきっかけでした。この会社、英語の教材を売っていて、夏休みには子供たちをカナダのキッズキャンプに行かせる取り組みもやってました。最初にカナダに行った時は、それへの参加がキッカケでした。

カナダに住むようになったのが87年、日本に帰国したのが90年ですから、ちょうど4年間いたのですが、その間アイペックとはずーっとおつきあいがあり、帰国した90年にこの会社は店頭公開を果たします。

社長も有名な人でしたし、常勤監査役は元検事総長、非常勤監査役には元最高検察庁検事で元運輸審議会会長や、元金沢国税局長や、元警察大学教授までいました。

倒産は突然でした。92 年9月に2度の不渡りを出して銀行取引停止。この時点で負債額は100億円といわれてました。10月中旬に自己破産申請し、その際に負債額は170億円となっていました。帳簿外に80億円以上の債務があったのです。

翌93年2月に行われた債権者集会では、この簿外債務は120億円以上に膨らみます。その12月には強制捜査が行われました。庖頭公開企業初の粉飾決算事件でした。

この発端が、主力の英会話教材が売れ残っていた時に発生した、旅行事業とカナダでの不動産投資の失敗と言われているのです。思い当たる節がありまくりでした。簿外債務に関わったと言われた千代田インターナショナルがやってた千代田ってお店もよく行ったんです。

当時日本はバブルでしたから、全く疑問を持たなかったのですが、羽振りのいい会社と思っていたのが、粉飾決算でウソの数字を作ってたんです。これはものすごい衝撃でした。帳簿だけはウソついちゃいかんと思うようになったんです。

堀江貴文氏が保釈されました。ライブドアの粉飾額は小さなものでしたが、実刑判決を受けました。あれで実刑なら、カネボウや山一證券なんて無期懲役だぜって感じですが、そんな話しをしているのではありません。ただ、彼は知らなかったんじゃないかと思うのです。

だって金融畑の出身でも、企業経営のプロでもないでしょ。東大在学中にWeb制作会社つくって、そのままあっという間に10年で逮捕ですもん。絶対に株式公開の手法や錬金術は周囲によって持ち込まれてますよ。少なくとも私はそう思ってます。

粉飾は良くないですよ。だけど、その粉飾を主導した人が逮捕されず、それを監査した人々にも何の罰も与えず、堀江さんだけ実刑にして収監したのが正しかったのか?

JALは粉飾して上場廃止になったのに再上場してます。誰でも知ってますが、JALは元国会議員が長らく個人筆頭株主だったんです。その人、一時は全体の筆頭株主になったこともある。2002年から経営危機表面化まで特別顧問でもありました。

でも上場廃止時にその人の名前なかったんですよ。いつ売ったのか分からないから、文句は言うつもりもないですよ。二束三文になってから売ったかもしれませんからね。だけど、怪しいなあって思うのも普通じゃないですかねえ。

その昔に堀江さんは「誰も恨んでない」って言ってました。ただね、「誰も知らないはずの家宅捜索情報をNHKが報道してるのは不思議」って言ってました。この国には、小市民では分からない仕組みがゴロゴロしてる事だけは間違いないようです。

gq1023 at 06:34
数字の中身は自分で分析しろ!外国人投資家が19週間ぶりに売り越し!