東日本大震災から2年イオンモールつくばにハーレーのお店

2013年03月12日

人間は自然の前に無力だ

昨日は慰霊祭。震災の時も今も何にもしない人々が、忙しい中かけつけたようなフリして参列したり、何もしなかった人が「あの日は8時間も歩いて大変だった」なんて言うのも、個人的には忘れないと言う意味で、追悼なのかなと思っています。

あの時、うちのスタッフにも声をかけて「現地へ行こう」と何度も言ったのですが、誰も動かず、結局家族3人で行きました。まあそんなもんです。スタッフたちは、東京で水・放射能・計画停電パニックと言いつつ、津波映像をテレビで見てたんでしょうね。用意した電池や水は受け取りましたが、ボランティアや救援物資の運搬には行きませんでした。寄付はしていたと思いたいですがね。

被災地の景色も臭いも大人には衝撃的でしたが、子供にも衝撃的だったようです。ドライブインで放心状態のようになってソフトクリーム食べてる大量の自衛隊員なんて、普段見ませんからね。「あの赤い旗の下には遺体があるから見ないように」なんて言われたら、余計見ちゃいますしね。でも目を避けちゃいくない現実です。海外では遺体の映像も放送されてましたしね。

水道も復旧させず避難地域解除なんてやってる東電や政治もおかしいですが、そんなこと批判するつもりはありません。いくらなんでもツッコミどころ満載すぎるでしょ。ちゃんとせんかい!

私はただ、この震災から学びました。「自然の前に人間は無力である」と。そして人は喉元すぎると熱さ忘れるのです。あそこにはまた家が建ち並び、また悲惨な歴史が繰り返すことでしょう。これが学んだ悲しい現実です。


gq1023 at 07:06│
東日本大震災から2年イオンモールつくばにハーレーのお店