アメリカ人は日本がどこにあるか知らない泥沼の家電業界

2013年02月25日

東京マラソン2013終了!

1f9b9372.jpg昨日は東京マラソン2013でした。非常に平坦なコースで、制限時間も7時間と非常に長いことから人気のこの大会。少し早歩き程度の時速6km平均で行けば完走できるので、とても気軽に参加できるものです。

昨日も老若男女問わず、様々な皆さんが参加されてました。ホノルルマラソンのように7才以上ってほど寛大ではありませんが、18歳以上で参加できます。

写真は16時過ぎの国際展示場駅です。完走メダルな皆さんが、まさに帰宅の途につくところですが、この時間になると、足を痛そうにしてる方も多かったです。みなさんご苦労様でした。

昨日はすごい風で、しかも気温も低く、警察官や沿道の観客の皆さんや運営スタッフの皆さんも、本当に大変だったと思います。こちらもご苦労様でした。

いいですねえ、こういう大会。こういう形でスポーツや文化が広く振興していく国に、日本もなって来ました。ほんの少し前では、道路封鎖して新しいマラソン大会やるなんで、絶対に無理だったんですが、いまや全国マラソン大会ブームです。

普段車が通る場所が封鎖されて、3万人以上のランナーが走る光景は壮観です。子供たちには是非見せてあげたいと思います。でも、意外と興味ない人も多いんですよねえ。まだまだ地域住民すべてで大会を盛り上げようといった、文化的な盛り上がりは、東京では難しいです。

じつは東京マラソンを支えているのは、膨大な数のボランティアです。昨年の大会から「TEAM SMILE」と呼ばれるようになりました。スタートからゴールまでずらりと並んだボランティアが、給水や栄養補給や各選手の荷物管理をして、完走メダル授与までをおこないます。この活動だけでも、もっと多くの人々に見て欲しいなあと思ってます。

ご参加されて皆さま、本当にすばらしい大会をありがとうございました。運営・応援の皆さまも含め、みんなが完走メダルだと思います。

gq1023 at 06:10│
アメリカ人は日本がどこにあるか知らない泥沼の家電業界