かんだやぶそば火災さすがにiPhone売れなさすぎですなあ・・・

2013年02月20日

いろんな葛藤「戦うオッサン」

51bedbd5.jpgバイクレースしたいなーって思うんだけど、練習に行けない。正しくは行けるんだけど、仕事が入っちゃうとそっちを優先しちゃう。仕事をすると利益が出るので、またレース部品を買っちゃう。買っちゃうと回収しなきゃいけないので仕事をしちゃう・・・。

走りに行ったら行ったで、ヒザが路面に当たる度にビビッて、つま先路面に当たる度にまたビビッて、ビビるからどんどん曲がれなくなって、コーナーを真っ直ぐ行って自己嫌悪に陥って、さみしくバイクを軽自動車サンバーに乗せて帰ることになる。

さみしく乗せて運転してるうちに、自宅が近くなって来ると「ああすれば良かった」とか「あっ!これ試してない」なんて思って、また次に走りに行きたくなっちゃう。

毎回同じなんだけど、「スピードに目が慣れないなー」「ちょっと怖いなー」を超えるのに5分ぐらい必要で、それを超えると2周ぐらいは「おおー!走れてるじゃん!」ってなって、3周目からは「あー分かんなくなってきたー」になって、5周目には「心を落ち着かせよう」って戻っちゃう。

だって自分はその辺のオッサンなわけだし「コノヤロー!」って走る必要もないじゃんって思うんだけど、「やっぱ上手くなってやるー!」って思ったりもする。思って走り出した瞬間に、ものすごい速度差で子供に追い抜かれたりして、心臓口から出そうになったりして、心が折れてトイレに逃げ込んだりもする。

バイク積むときに、勢いつけて押して車のスロープ駆け上がったら、車の天井におでこをぶつけて「痛っ!」って思ってるうちにバイクは車の中で横転してて、自分は足のスネを車のバンパーに強打して、誰にも気づかれず「くっそー!」って一人で10分ぐらい、のたうちまわってたりもする。

フェイスブックに「今サーキット着」って書こうかなーって思うんだけど、書くと仕事サボってるのバレちゃうなーとか、知ってるレース関係者がサーキット内にいたら「ヘタクソー」って思われちゃうのやだなーって思ったりして、だけど上手な人に「教えて欲しいなー」と思ったりもする。

仕事も同じだ。そう、孤独との戦い。こうやってオッサンは今日も孤独な戦いを繰り広げている。

gq1023 at 07:17│

この記事へのコメント

1. Posted by IKF   2013年02月20日 22:16
4 もう〜 聞けない年だし、自分で、なんとかするしかないですね。レースも、楽しいのわかってるし、ケガは、即 キャリア 剥奪じゃないか。 なかなか 攻めれない年ですよ
2. Posted by Hippo   2013年03月12日 21:44
> IKFさん
なかなかレースって踏ん切りつかないんですよねえ。出たいんですけどね。とはいえ、サーキット走行を何十年かぶりに再開したのは、なかなか大したもんだと勝手に思っております。
かんだやぶそば火災さすがにiPhone売れなさすぎですなあ・・・