尖閣で有事があれば東京は火の海だ捏造したリクルート事件を最後まで謝罪しなかった国家

2013年02月08日

中国、レーダー照射否定(時事通信)

はい、中国はレーダー照射の件について、「なかった事にしましょう」という意思表示をして来ました。素晴らしい解決方法です。外交の中で問題解決の最高峰ともいえる手段で、外交上の問題がなかった時にさかのぼるという解決方法は、世界中で使われています。

ところが、一方の当事者国である日本に、外交に弱い外務大臣がいる事を私は忘れてました。

なんと、先ほどの閣議後記者会見で、「日本側が対外公表した内容は事実に合致しない」と言い、さらに「中国側の説明は全く受け入れられない」と反論したと発表しちゃいました。ありゃー、ダメだこりゃー!

中国側が日本大使館に、「日本側が対外公表した内容は事実に合致しない」って言ってるってことは、経験あるチャイナスクール出身の外交官ならすぐピンと来ます。「なかった事にしてくれ」って言ってるわけです。

昔の中国大使館なら、チャイナスクール出身者だけですから、中国に都合のいいように配慮して政府に上申したもんです。「これはなかった事にしろという意味ですから、その旨を了承したと発表してください」って言うわけですよ。

記者会見の最後には、「(日本側は)防衛省で慎重に分析を行った結果だ」と指摘したとか、「ぜひ誠実な対応を求めたい」って言ったなんて報道もあります。いやいや、中国人は謝らないんですって。一般人でも謝ったら負けなんですよ。いや、世界中がそうです。

あのね、「交通事故で自分が一方的に悪くても謝っちゃいけない」ってのが世界の常識なんです。日本の非常識を外国の政府に押し付けても無理っすよ。頼むからちゃんと外交やってくださいね。私じゃ対応させてもらえないわけですからね。

そんなこんなで、忙しい町のオッチャンは、明後日のお餅つき大会の準備に行きたいと思います。レーダー照射対応で忙しいオッチャン達も頑張ってください。

gq1023 at 10:27│
尖閣で有事があれば東京は火の海だ捏造したリクルート事件を最後まで謝罪しなかった国家