恵方巻って何?4Kテレビは確実に普及する

2013年02月03日

テレビカメラの進化

f80a5b2f.jpgもう20年以上も前の話しですが、ベータカムのワンピースカメラという物を使う機会のある仕事をしてました。俗にいうテレビカメラってやつです。いわゆるハンディというやつです。

これ、P7の時代はカメラ部とデッキ部は別々で、それをくっつけてワンピースカメラにしてたんです。P7というのはカメラのBVP-7を短くしたもので、デッキ部はBVV-5というのが一般的でした。

当時のテレビカメラって15kg以上ありまして、レンズとカメラ部の重さと、デッキとバッテリーの重さがドンピシャじゃないと思いのです。前後の重量バランスですね。

この重量バランスにおいて、P7は秀逸のカメラでした。なんと説明すればいいのか分からないのですが、どっちにカメラを向けてもズバッと決まる。

ところが、その後BVW-200っていうデッキとカメラが一体化したのが出て、重量バランスが崩れた。そこから300や400って進化してもバランスは崩れたままでした。みんな重いバッテリーをつけたりして工夫してましたね。

録音部がデジタルになってたり、映像を感知するCCDがレベルアップして、太陽光が入っても筋が出たりしなくなってたんですが、重量バランスには、なかなか苦労したもんでした。

先日最新のテレビカメラを触る機会があったのですが、とにかく軽い。感覚的には当時の半分ぐらいの重量です。これでフルHDで撮影できるんだから、時代とはすごいなあと感じた次第です。バイクって進化してない感じするんですが、なぜなんでしょうね?

gq1023 at 05:26│
恵方巻って何?4Kテレビは確実に普及する