最近の音響機材はすごい仕事のできない人間には仕事を与えないのが基本だ!

2013年01月28日

ロックとは魂の叫びである

今回のNAMMショーにおける、全世界のヤマハディーラーを対象にしたスペシャルライブはエルトンジョン。しかも、ディズニーランドの向かい側にあるディズニーカリフォルニア内のシアターで行われました。

その客入れ時間に、すぐ横のミニステージで開催されていたのが、不思議の国のアリスとマットハンターによるヒット曲だらけのミニライブ。これがすごい!とにかくハードロックのヒット曲オンパレードで、歌と演奏のレベルもハンパじゃない。

しかも最後の局はBONJOVIの「Living on a prayer」。観客は親も子も英語分かるんですよ。なのに冒頭から「俺は波止場で働いてたけどストになって金がない、彼女のジーナは金のために食堂でひたすら働いてる」って始まるわけですよ。

「OhOh!Living on a prayer!」ってやってる。「(俺たち金はないけど)未来の成功を祈りながら暮してるー!」なんて熱唱してるわけっすよ。子供のうちから、ロックの歌詞には生きることに対する葛藤が込められてるって植えつけられるわけです。

ロックというのはメッセージソングと分かっていましたが、不思議の国のアリスは観客にハイタッチしながら、マットハンターはモニターに足をどーんと乗せて自信満々に歌っているのを見て。「まだまだ愛だ恋だとほざいてる日本のロックはダメだ!」と思った次第です。

不思議の国のアリスとマットハンターが熱唱

gq1023 at 08:27│
最近の音響機材はすごい仕事のできない人間には仕事を与えないのが基本だ!