アベノミクスなのにガツガツしてなくない?JAL・ANA787全機運行停止の衝撃

2013年01月17日

大震災発生!あなたの身を助けるのは近所の人だ

eb8eceaa.gif私が阪神大震災でいまだに自責の念にかられるのは、あの時誰一人として助けなかったこと。六甲アイランドという所に引っ越してまだ3ヶ月ほどでの地震で、周囲に知り合いはおらず、建築物にも深刻な被害がなかったので、そこで救助活動は必要ありませんでした。

ただ、島を出たら状況は一変。高速道路は倒れ、阪神電車は高架から路上に落ち、ありとあらゆる建物が倒壊していました。当たり前です、私の住んでいた東灘区は震災で最も大きな死者を出した自治体だったのです。

しかし、私は誰も助けませんでした。人が本気で「助けてくれー!」と何百人も叫ぶ中で救助をするという準備ができていなかったのです。高校も東灘高校でしたから、周りには何人も友達の家があったはずですが、誰も助けませんでした。

宮野道雄(大阪市大)他の調べた「1995年兵庫県南部地震による人的被害(その5)神戸市東灘区における人命救助活動に関する聞き取り調査」によると、阪神・淡路大震災で人命救助をした人の内訳は、圧倒的に「近所の人」となっています。

あの建物が大量に倒壊し、各所で火災が発生し、さらに大渋滞が発生している中で、消防や自衛隊なんて来ないのです。消防署に行けば分かると思いますが、あの台数の車しかない。そんな中で、何軒ものマンションやビルが倒壊するんですから、来るわけありません。

だから、近所づきあいをして欲しいのです。近所づきあいは、自分の身を助けるだけでなく、周りの人の身も助けます。火の手が来る前に助けることが必須ですから、とにかく震災被害を最小にくいとめるのは近所づきあいしかない。

この現実をメディアはしっかりと伝えて欲しいと思っております。「あの日から18年、東日本大震災の人々の想いも乗せて、追悼の火はこれからも永遠に灯され続けます」なんてクソの役にも立たない事言ってる暇があるなら、ちゃんとして欲しい。

これ明日は我が身なんです。日本は地震大国。今私の住んでる所で地震がおきたり、そこが噴火口になってもちっともおかしくない。その被害を最小に食い止めるために、近所づきあいを大切にして欲しいと思ってます。

gq1023 at 07:52
アベノミクスなのにガツガツしてなくない?JAL・ANA787全機運行停止の衝撃