東京の人は雪に強い!ベトナムの金利が下がって来たって!?

2013年01月16日

坂井宏朱選手の死から1年

d052b4b9.jpgオートレース第31期・坂井宏朱選手(船橋)は、2012年1月15日地元船橋オート2日目終了後の夕方練習中に不慮の事故で亡くなりました。

法政大学卒で卒業後はJTB法人東京に入社。OL時代に観戦にいったオートレースに魅せられて、第31期養成員試験に合格しました。44年ぶりの女子オートレーサー2名のうちの1人でした。デビューから半年、当日のレースは6着でした。

船橋の第1コーナーでハイサイド転倒。先に体がフェンスに飛んでしまったため、後から来た自車が直撃。車体は2つに裂け、本人は頭蓋骨・背骨・肋骨を骨折し、多くの内臓が損傷を受けるほどの受傷をしての殉職。享年27歳・通算成績は22戦1勝でした。

44年ぶりの女子選手採用に問題があったのか?オートバイ経験の非常に少ない選手を採用したのが問題だったのか?安全対策に問題があったのか?そんな事を論議するつもりは全くありません。夢を追った一人のオートレーサーが、その夢を実現して殉職したというだけです。

競争率50倍の狭き門を突破した努力。もう閉鎖されてしまったブログの最後の更新は選手宿舎入所前日まで続けられていて、その最後の更新は「明日ももっと練習して少しでも改善したいです」となっていました。本当に一生懸命頑張っていたのでしょう。

神様は本当に厳しい現実を私たちに突きつけます。彼女は一生懸命マスコミ回りもやってました。オートレース界のアイドルといったポジションもしっかりとこなしていました。1年経ってみて、やはりまだまだ残念でたまりません。

通常オートレースではフェンスにぶち当たるような事故はほとんど発生しません。とはいえ万一の際においても、このような悲しい事故にならないようにするべく、一層の安全対策が図られることを祈ります。

直前インタビュー

gq1023 at 01:16

この記事へのコメント

1. Posted by IKF   2013年01月16日 19:52
4 もう〜一年 ライスポにも、オートレースの宣伝が、載り出し 興味が、出てきて、オートレース観戦ツーリングとか、企画しだした矢先でした。 どんなことも、リスクはあるので、後悔のない行動を、って感じます。
2. Posted by Hippo   2013年01月17日 07:55
> IKFさん
人が生きている限りは死のリスクを抱えてますもんね。本当に悔いのない行動をしたいと私も思いました。
東京の人は雪に強い!ベトナムの金利が下がって来たって!?