社会でリアル存在になるために中国の航空産業と日本

2012年12月26日

テレビの価格に今の日本が見える

b4f43c53.jpgアメリカは今日がクリスマス。翌日にはボクシングデイというセールがあるのですが、ここで書くのはクリスマスまでの価格です。

これはアメリカ最大のスーパーマーケットウォルマートの価格です。60インチテレビ最安値はSEIKIで748ドル。その次がパナソニックとシャープで898ドルです。さあ、これを1ドル85円で換算してみましょう。最安値は約6万5千円、日本製は7万6千円です。

32インチになると日本製は勝負になりません。だって最安値のVISIOは129ドル。要するに1万円です。40インチでも298ドルですから2万5千円です。これが現実。日本で製造して箱に入れて輸出したら、製品代別にしても、すでにこの金額に収まらないんです。

だから60インチ以上で勝負してますが、7万6千円ですよ。これ輸出して、そこから全米に配送しての価格ですからね。日本製の大型テレビが、アメリカのスーパーで日本の電気店で並んでる価格の半分以下で売られてるんですよ。腹立つでしょ。

この現実って分かってますかねえ?誰が分かってるんですかねえ?政治家は分かってます?日本人は分かってます?家電メーカーの社長は分かってます?私はね、誰も分かってないような気がしてるんです。

あなたの給料が月額30万円だとしても、もう世界の視点では月額10万円の価値もないって言われてるようなもんですよ。日本人すべてが、それに気づかずに生きてるとしたら、その先にあるのは破滅だけですよね。

それもね、「いいもの造ってますね、バカ高いけど」って言われてるならまだいいですよ、「高いけど性能も低い」って言われてる。ネット対応に遅れちゃったんです。今や世界中の常識は、テレビでYouTube等を見るわけですから、これは大問題です。

私たちは変わらなきゃいけない。どう変わるかは、今の延長線上にないことは明らかです。でも難しいですよね。はい、私も悩んでます。でも、私の決断より大企業のほうが決断早いかも知れません。

本社・営業・企画・製造の全面海外移転。今まさに、大企業から中小零細企業に至るまで、すべての企業に決断の時が来ているかもしれないと痛感してます。あー難しい選択じゃー!

gq1023 at 08:02
社会でリアル存在になるために中国の航空産業と日本