突然のガソリン漏れそんなに下半身は落ち着かないのか?

2012年11月30日

映画「復活・尾崎豊」先行上映

昨日、尾崎豊氏の誕生日ということで、明日公開の映画「復活・尾崎豊」の先行上映に寄せていただきました。

この日は映画ではありますが、1日だけオールスタンディングOK。熱唱しても叫んでも良いと言う事でしたので、「えー最初から立ちっぱなしだと大変だなあ」と思いながら行ったのですが、予想通り1曲目からスタンディングでした。

内容はというと、まさに尾崎豊ライブです。2年半もの間ライブ活動をせず、その間に逮捕や結婚や独立を経てのライブ。そのブランクを感じさせない見事なライブを、驚くほど沢山のカメラで、尾崎豊のアップショット中心で見せてくれました。

まあ滅茶苦茶です。フロントスピーカーの前に出て、観客の目の前まで行ってあおったりしてるからパニック状態。よくハウリング抑えましたね。横浜シミズの大○さん映ってましたよー。

ヤマハのCP80の上に飛び乗って、それもフェンダーのストラト背負った状態で乗ってステージングした後、そこから飛び降りちゃう。ただでさえチューニング合いにくいストラトでジャンプしたらから、次のシーンでは楽器が変わってフェルナンデスになってました。本当に暴れまくってます。

マニアックな話しで言うと、ワイヤレスマイクの根元から電波を飛ばすためのワイヤーが出ているのですが、今はワイヤーは出ていないので、これが少し時代を感じさせましたが、そんなの音響スタッフしか分かりませんよね。

その時代、このライブを観た人も、ツアーに行った人も、尾崎豊が亡くなってからファンになったり生まれたりした人も、みんなで一つになれた日でした。

映画終了時は、みんなその亡くなってからの20年間、私は生きてきたって事を実感するようで、会場全体からすすり泣きが聞こえてきました。

これ、ツアーですからね。こんな熱いステージやってたら体が持ちませんよ。しかもツアー初日ですよ。普通ならゲネプロ(リハーサル)状態です。

最後に、「あれ?これ観たことあるなあ」って思いました。ものすごく断片的にですが、確かに大阪城ホールに行きました。「翌日が倉敷の桂銀淑だったよなあ」なんてことまで思い出しました。なんで行ったんですかね?当時10月って生命保険会社主催のコンサートが目白押しで、ものすごく忙しかったのになあ。

一昨日、日本テレビのベストアーティスト2012で、槇原敬之氏が「北風」を、森高千里氏が「私がオバさんになっても」を歌ってました。20年前のヒット曲。その頃、すでに尾崎は亡くなっていました。自分の生きてきた20年間を振り返った2日間でした。

最後に、素直に尾崎豊かっこよかったです。



gq1023 at 07:43
突然のガソリン漏れそんなに下半身は落ち着かないのか?