テレショップ会社の倒産って負債が大きすぎる簡単にサーキットが走れてしまって良いのか!?

2012年11月11日

花巻東高校の大谷君はメジャーに行くのか!?

fc1b25d6.jpgマスコミは勘違いしてる。大谷君は決して日本球界を袖に振るわけじゃない。ドラフト制度をどうこう批判しているわけでもない。彼は高校生であり、その高校生の所に「アメリカで就職する」って選択肢が提示されてるだけだ。

プロ野球選手の平均引退年齢は29.9歳。あっという間にクビになる。阪神で主軸を打った掛布雅之氏や赤星憲広氏の引退年齢は33歳。あの大活躍した選手たちでも、意外と引退って早いのが現実だ。

私はあえて言いたい「アメリカへ行け」と。日本で野球バカを続けて、アメリカでハンバーガー1個注文できなくなるよりも、日本人がほとんどいない環境で英語を覚えて、世界中から集まったプロ選手達と世界の事情を語り合うことは、本当に何物にも変えがたい時間となることだろう。

なんで「メジャーで成功できるのか?」って声が上がるのか意味が分からない。プロ野球選手としての成功なんて何の意味もない。彼がこれから作り上げなきゃいけないのは、彼の人生であって、プロ野球人生じゃないのだから。

「プロ野球選手やってました」って言っても、日本ですら通用しない。ところが「元メジャー選手なんです」って言えば世界中で通用する。人生は引退後のほうが長い。こんな小さな島にこだわるより、自分の可能性に賭けて来ればいいじゃないかと思いう。

最後に、北海道日本ハムファイターズ様におかれましては、スカウトの皆さんが何年も調査し、編成の皆さんで何度も会議して決められた大切な指名選手の一人だと思います。線の細い彼が、その体のまま屈強な体のメジャーに行っても危険なだけで、日本球界で体を造ってからでも遅くないと言うのは事実だとも思います。

松坂選手のように25歳まで日本の一軍で活躍できたら入札でメジャー移籍を入団契約時に裏条項で付随させるような事ができれば良いのかも知れませんが、一人の若き高校生の夢も尊重しながら、(高圧的or威圧的でない)入団交渉をしていただければと思います。

私は、決して北海道日本ハムファイターズ様が指名したことが悪いと言ってるわけではありません。一人の子を持つ親として、お金をもらいながらできる海外留学はしたほうがいいよと言ってるだけです。ブログというのは、あくまで私個人の意見ということで、ご容赦ください。

gq1023 at 08:23│
テレショップ会社の倒産って負債が大きすぎる簡単にサーキットが走れてしまって良いのか!?