日本における農業の課題とある大臣のゴタゴタについて

2012年11月08日

世の中に宿便はある!?

朝から汚い話しで恐縮ですが、昨夜突然の確認メール「NHKで宿便(しゅくべん)はないってやってますが本当ですか?」が来ました。絶対に私が知ってるわけはないのですが、なにやらあわてた様子でした。

じつは宿便ってのは、外に出る前に腸内にある物を指します。外に出てはじめて便になるのです。広告で「宿便が排泄される」って言ってるのは、単純に「便が出る」って意味です。広告で言えるのは「これを飲んでも何もおきませんよ」って事に限定されているのです。

これ、薬事法って法律でして、白衣を着た人が「お勧めします」って言うのも禁止になってます。まあトクホとか健康食品とかも大した効果はないんです。あるって言っちゃいけないし、効果があったらその商品がバカ売れしてるはずでしょ。

ニキビ用化粧品ってのもニキビが治るのではなく「清浄効果がある=清潔になってニキビ予防になる」ってことです。ニキビでお困りの人は、化粧品を買うのではなく皮膚科に行ってください。

なんて事を言ってると、広告で食べてる私は商売上がったりになるので、これを合法の範囲内で効果ありそうに表現します。「滋養強壮」なんてのは広告用の造語でして、意味としては「何も変わらない」って事です。

でも、なんとなく効きそうに思われてます。まあ消費者側の勝手な誤認なんですよ。まあ表現してるのは「何も変わらないことに効く」って事ですが、「何も変わらない=老化防止&健康維持」って感じですね。健康維持って表現も何も変わらないって意味ですもんね。

こういうのってイッパイあるんです。セルライトとか血がサラサラとかデトックスとか言ってるのも、全部広告用の擬似科学ってやつです。「皮膚が酸素を取り込んでいる」なんてのは、まるっきりウソです。全身に金粉塗っても呼吸困難になんてなりません。

そんなこんなで結論です。宿便ってのは現実にあります。それは腸内にある排泄前の物を指しています。そして「これを飲むと宿便が出る」って言うのは、「(普通に)便が出る」って事です。腸は焼肉屋で見れば分かるとおり、常にツルツルなので便が腸壁にこびりつく事なんて絶対にありません。

最後に、本当に長期間溜まっている便のある方は便秘って言う病気です。2日以上排泄がない等の場合は、ちゃんと病院に行ってください。

gq1023 at 04:32│
日本における農業の課題とある大臣のゴタゴタについて