ばらまき中心の選挙戦世の中に宿便はある!?

2012年11月07日

日本における農業の課題

20bedb27.jpg日本における農業の課題は何か?誰でも分かる簡単な答えを書きます。大規模化です。そんなもん、世界中で答えは出てます。まずは農業は大規模化しなければ生き残れないのです。

では日本はどうか?戸別保障って制度があって、農家やってる人には現金が支給されるって制度です。条件はいろいろあるのですがココでは省きます。これの平成24年度申請状況を見ると、個人が1,141,851件で法人が8,040件となってる。お分かりですね、規模が小さいのです。

だって戸別保障なんですもん。そりゃあ、家族みんな独立家計にして、全員が申請しますよねえ。どんどん子供は独立して、サラリーマンで働いてるけど兼業農家って言って申請する。ただただ衰退の一途を歩むわけです。

国会議員の大半は農業中心の地域から出ています。票を取るにはバラマキが良かった。農家は自民党の集票マシンとして機能していた。でも、こんなものは永続的に続くわけないのです。結果的に日本の農家が崩壊してしまいました。

農協は農家の物を高く売るためにあったのですが、今では農家に高く肥料や飼料を売りつける組織に成り下がってます。農林中金は銀行なのに農水省の管轄下におかれ、日本最大のヘッジファンドとして利益を上げていて、もはや農家のために資金を提供するためだけの組織ではありません。

昔は各戸でトラクターを買って自慢したんですよ。イセキ・クボタ・ヤンマーなんて会社もCMをバンバン流してた。でも、その時点で間違ってたんです。それを税金使いまくって買わせてた。当時は減反政策って言われてました。はーあ…。

もうちゃんとやる時期ですよ。これじゃあ農家が全部ダメになる。やる気を失わせる方向の補助金&助成金の数々。生まれてくるのは税金だよりの小作兼業農家ばかり。そして今も、世界中で大規模農業による高効率生産が徹底的に押し進められている。世界との差は広がるばかりです。

あまりにも当たり前のことが出来ないのはなぜなのでしょう?私には全く意味が分かりません。それは自分が頭がおかしいからではないと思いたいのですがねえ…。

gq1023 at 08:11│
ばらまき中心の選挙戦世の中に宿便はある!?