鈴鹿最終戦は雨となりました高杉奈緒子選手の最終戦

2012年10月29日

2012年全日本ロードレース選手権全日程終了

鈴鹿サーキットで開催された最終戦は、雨天にも関わらず無事開催され、全日程が終了しました。高杉奈緒子の乗るJ-GP3クラスは、豪雨によるスタートディレイが決定した後、突然「J-GP3クラス中止」という情報がモニターに写し出され、中止になってしまいました。

幸いにも、他のクラスは無事に開催され、それぞれのクラスで年間チャンピオンが決定しました。JSBクラスはYSPヤマハの中須賀克行選手。ST600クラスはヤマハタイランドのデチャ・クライサルト選手。J-GP2クラスはRS-ITOH&ASIAの渡辺一樹選手。J-GP3はMUSASHI RT ハルクプロの徳留真紀選手が、それぞれチャンピオンとなりました。

J-GP3クラスは実質的にホンダしかない状態なのでホンダでしたが、あとはヤマハとカワサキからチャンピオンが誕生し、昨年のホンダ全クラス制覇から大きく変化したことは、とても喜ばしく感じられました。

昨日のレースで現地までお越しいただき、高杉奈緒子ならびにJ-GP3に出場される全選手にご声援いただいた皆様におかれましては、レースが中止になってしまい、本当に残念だったことと思います。

何の予告もなく、突如として中止が発表され、その直後に年間チャンピオン決定の放送が行われたことで、たくさんの方から「なぜ?」というご質問をいただいたのですが、チーム&ライダーを集めて協議の上でサーキットが決定したわけではありませんので、私どもには分かりません。

ただ、その時間帯は雨量が激しく、非常に危険で、そこから約1時間半のインターバルをはさんで開催予定だったJ-GP2クラスですらスタートディレイになりましたし、最高峰のJSBクラス終了後の16時半以降に開催する選択肢もあったのでしょうが、日没が17時2分でしたので、安全にレース走行できる時間は10分なかったと思われます。安全を守るための正しい判断が行われたのだと理解しています。

私たちは今回の決勝へ向け、新しいブレンボを手配しました。キャリパー・ディスク・マスターシリンダーで何十万円もの出費です。チャンピオン争いの人々には、もっと投入した方もおられることでしょう。

そして今回の走行は木曜日からでしたので、多くの関係者は水曜日から鈴鹿入りしました。みなさんおつかれさまでした。今日は雑誌ライディングスポーツの一気乗りで残られてる方も多いことでしょう。また来年も、よろしくお願いいたします。1年間ありがとうございました。

gq1023 at 07:37│ バイクレース(含む8耐) 

この記事へのコメント

1. Posted by IKF   2012年10月30日 10:54
5 最終戦、見に行けませんでしたあ〜
前日、風邪気味 体調絶不調のため 辞退 ねてました。 中止の決定は、大賛成 危ない状況で、強行して みんなリタイヤじゃ〜レースじゃないですから。正直 ど〜しても、GP3関心が薄いです。ただ 何かの接点で、ファンになり応援したくなるとか、魅了があるとかで、応援したくなる。そんな選手が、どん育っていく 。 そ〜なったら楽しいですよね。
2. Posted by Hippo   2012年10月30日 18:17
> IKFさん

悪天候で中止にしても、情報伝達に問題がありすぎました。ライダーも記者も観客も、何の連絡もないまま待ち続けて、いきなり「レース中止」って発表され、いきなり年間チャンピオン表彰がはじまったのです。そりゃあチャンピオン争いしてた人々は「誰か意図的にやってるだろ!?」って思ってもしょうがないですよねえ。

すでに若手の育成といっていたST600クラスは、お金のなくなった元ワークスライダーが溢れていて、当初の目的とは全く異なる状況になってますし、JSBからはヨシムラすら消えてしまいました。J-GP3のトップライダーも、Moto3では全く歯が立たない状態です。これではダメなんですけどねえ。本当に困った状況になっております。
3. Posted by IKF   2012年10月30日 23:59
5 そ〜だったんですか。鈴鹿でディレイスタート雨天決行も、何度も見てきたので、そんなになってたとは、想像できませんでした。それと、ST600 1000走ってたライダーさん、いますね。やたらと台数いるし、GP2は、6台ぐらいじゃないですか。
なんか、つまんないですね。来年、ど〜なるんでしょ。
来年も、年三回 サーキットいきます。
4. Posted by Hippo   2012年10月31日 07:31
市販車無改造クラスが盛り上がってるから、結果的にアフターパーツメーカーはレースから撤退しちゃいました。ヤマモト、ヨシムラ、モリワキ、オーバー、ビートといったチームが参戦をやめてしまったのです。

結果的にはJ-GP2が、Moto2マシンvs市販車改造マシンといったレースになっていて、バイクに興味のあるお客さんは、パドックパスを買って見に来るのがJ-GP2マシンになってます。本当は台数の多いST600マシンを見て欲しいのですが、全くの市販車状態ですからねえ。

本当に今の状況は悩ましい限りです。
鈴鹿最終戦は雨となりました高杉奈緒子選手の最終戦