中国海軍の練習用空母「遼寧」就役自衛隊配備問う住民投票

2012年09月26日

なんだ「非核化を許さないアメリカ」って報道されてるんじゃん!

ffb6f639.jpg9月16日のブログ「原発ゼロの幻想」にも「原発ゼロは絶対にアメリカが許さない」と書きましたが、なんとアメリカが日本政府にかけた圧力って報道されてたんですね。22日の東京新聞がスクープとして出してます。

そうなんです、アメリカは絶対に許してくれない。そんなの官僚なら分かるはずですが、所詮普通の国民に毛が生えた程度の与党では分からない。だから「原発ゼロも検討」なんて出来ない事を平然と口に出すわけです。

「日本は独立国なんてのは幻想」です。アメリカの属国なんです。その大前提は表面的には言う必要はないですが、国をつかさどる人々は理解しないといけない。アメリカが了承してない発言は、決して言ってはいけないのです。

国連でアメリカの決議に反対するなんてあり得ないのが日本です。「高校卒業時に英語を話せるようにする」という教育制度改革すら許してくれません。属国がフィリピンやサイパンを含む北マリワナ政府のように英語話すようになるとやっかいですからね。

核はアメリカの国力の象徴です。日本はロシア・中国・北朝鮮・インド・パキスタンという核保有国に囲まれているにも関わらず、過去の「非核三原則」というバカな発言のおかげで核兵器の開発も保持もできず、アメリカ頼みになってます。

アメリカの兵器ビジネスは国家を左右するほど強大なパワーを持つ業界で、そのトップが核関連グループです。アメリカがアジアの東端にある離島の集積地みたいな小国に、原発ゼロなんて言わせるわけないのです。

それにしても東京新聞はよく報道しましたね。あとの各紙は小さな記事で追随したようですが、大したもんです。別の言い方をすると、「日本はアメリカから核兵器を購入して核保有国になります」なんて発言すれば、アメリカは「(尖閣も竹島も)日本が領土だって発言してる場所は全部日本のものだ!」ってなることでしょう。物事は単純なのです。

gq1023 at 07:16│
中国海軍の練習用空母「遼寧」就役自衛隊配備問う住民投票