名古屋に行ってきました!なんだ「非核化を許さないアメリカ」って報道されてるんじゃん!

2012年09月25日

中国海軍の練習用空母「遼寧」就役

6f97ce41.jpgロシアから買ってきたオンボロ空母のワリャーグを改造して運用中だった中国海軍。なんでか分かりませんが、このタイミングで就役を発表しました。艦名は「遼寧」だそうで全長約300m・6万トン超で約20機の艦載機を搭載可能な堂々たる巨艦です。

中国海軍で実際に就役する船は3桁の番号をつけています。ただこの船は2桁番号「16」ですので練習艦です。就役を発表するなら、前後にもう1つ数字をつけて発表しても良かったのですが、とにかく発表を急いだのでしょう。

この船の問題点はエンジンが遅いこと。元々のエンジンだと蒸気タービン4基で最大30ノットと言われていますが、ロシアで売りに出される前から「その速度に達しない」との噂があり、本格的に運用するにはエンジンの換装が必要と言われていました。どうしたんでしょうか?

飛行機は鳥と同じで向かい風に向かって離陸します。アメリカ軍空母はカタパルトで射出されるので、向かい風でなくても離陸できますが、このタイプの滑走してジャンプ台で飛び立つタイプは強い向かい風が不可欠。つまり速度が高くないと運用できません。

艦載機はJ-15。ロシアのスホイ33を違法コピーしたものです。どうやって入手したかと言うと、この空母自体をウクライナからクズ鉄として買ったのですが、その時にウクライナが持ってたスホイ33の試作機もクズ鉄として買ったのです。ひっどい国でしょ。

ちなみに横須賀基地所属のアメリカ海軍空母ジョージ・ワシントンは、10万トン超で艦載機は85機まで搭載できます。長さは同じですが、艦載機と搭載可能兵器量は4倍の規模となります。

この発表によって中国海軍はこの「遼寧」を使った演習ができるようになります。別の言い方をすると、大規模海洋軍事演習で、これが出て来なければ、まだ運用する技術や艦載機が完成してないことを露呈することになります。海軍の偉い人にとっては、ここ数ヶ月で大義名分が立つ程度の要員育成が必要ですので、相当胃の痛い日々になることでしょう。

最後に、内緒にしてましたが日本も空母建造してます。22DDHプロジェクトと言われる物で、当初は固定翼の離陸できる軽空母(といっても当初計画だと旧日本海軍の赤城より大きかった)でしたが、まあ自衛隊なんで一応ヘリ空母のレベルに留めてます。(それでもミッドウェーで沈没した飛龍よりデカイ!)

東西冷戦が終わった今、アジア冷戦がはじまるのでしょうか?日中の距離なら空母なくてもなんとでもなるわけで、「何で両国はこんな物を欲しがってるのだろう?」と疑問に思うばかりです。

gq1023 at 16:43│
名古屋に行ってきました!なんだ「非核化を許さないアメリカ」って報道されてるんじゃん!