HIRO&上戸彩おめでとー!チャイナパッシング

2012年09月17日

その先に戦略や策略のないデモ

デモやピケなんて言葉は2012年にやることじゃない。中国のデモも、原発デモも、その先がない。それをやるのは自由だが、その先に戦略も策略もないデモは、その趣旨に賛同して集まった人に申し訳ないじゃないですか。

原発デモで首相官邸に行った人々は誰ですか?あんなのが話しに行ったって、日本の政策が変わったり、電力施策が変わるわけないでしょ。デモに参加してる人々は、あんなのに乗せられてるって事ですよ。これは悲しすぎる。

中国のデモも同じ。死ぬほど広い国土を持ってる中国人が、なんであの尖閣みたいな離島を欲しいのですか?そんなわけないんですよ。中国人の若者は大学を卒業しても仕事もなく、暮らすこともできないほど困窮しているのです。

こんな意味のないデモは、本当に無駄ですよね。やはり戦略と策略がないとダメなんですよ。参加する方は、参加する前に「今日の行動は未来につながってるかな?」って考えて行動する方が良いのになあって思います。

gq1023 at 07:13

この記事へのコメント

1. Posted by ヒム   2012年09月17日 09:24
突然すみません。

ブログ、大変興味深く拝見してます。

戦略のあるデモとはどういうものなのでしょうか?

デモ以外に、政府等に対してどういう行動を取ればよいとお考えでしょうか?

勉強不足で申し訳ありませんが、よろしければ、ご教授ください。
2. Posted by Hippo   2012年09月18日 06:32
> ヒムさん

コメントありがとうございます。年越し派遣村ってありましたよね。あれも一種のデモです。多数の労働組合とNPOが、政治的意図を持って作りました。あれは単純にメディアに取り上げさせて話題にするというのではなく、最初から各党の有力議員への働きかけも行っていました。

デモというのは、その矛先に向かう道筋が必要です。それにはまず「信頼できるリーダーや組織」が必要で、そこに「論理的な課題解決の道筋」が見えていないといけないのです。

せっかくデモをきっかけに総理大臣と面会できたのに、新しい電力施策に関する提案や、法改正案といったものを出さず、ただ総理を批判しただけで終わってしまいましたよね。あの時、報道各社は「総理との会談には大物が挑むのでは?」と思っていただけに、かなり肩透かしだったんです。その証拠に、あれ以降報道は急速にトーンダウンしました。原発ゼロを掲げる共産党すら同席してませんでしたからね。

「原発を止め続けるための節電にご協力ください」

そんなメッセージを発し、「毎月20日は20時ライトオフの日」なんてやったほうが、声なき同意者達の心を動かし、政治的メッセージを発することにつながるんじゃないかなんて思ってます。そしてその際は、ニューヨークに住んでるミュージシャンじゃなく、日本に住んでる人に応援してもらうほうが良いのではないかと感じてます。

まずはデモの前に与野党への政治工作と、財界へのルート確保が先だって事ですね。
3. Posted by ヒム   2012年09月21日 01:10
くだらない質問に、非常にご丁寧なお返事ありがとうございます。
とても分かりやすく、勉強になりました。

デモも「政治」なんだな、と思いました。
HIRO&上戸彩おめでとー!チャイナパッシング