ネット社会尾崎豊は反社会的?

2012年09月08日

尾崎豊展がはじまりました

長らく準備を続けて来た「尾崎豊特別展/OZAKI20」の初日を迎えることができました。今日からはじめての週末となります。

記者内覧会では、息子さんのヒロヤ氏がお越しくださり、「僕が僕であるために」を熱唱してくれました。あまりにも似た声に、背筋が凍るほどの緊張や感動を覚えました。これは、参加した記者や関係者すべてに共通することだと思います。

最後に「お父さんとは仕事をしたことあるんですか?」と聞かれたので、「同じ時代の世代ですが、尾崎ワールドには踏み込まないようにしてました」と言うと、彼は「アンチも死ぬほど多いですからね。でも僕は大ファンなんですよ!」と言ってました。

「親父のファン」って正直に言えるなんて、本当に素晴らしいですよね。ものすごく真剣に展示物を見て、グッズも沢山買って帰られました。

EXILEのATSUSHIさんやキャイーンの天野さん(&ウドさん)も来てくれました。脳科学者の茂木健一郎さんも来てくれました。みなさん本気でファンで、必死に展示物を見て、グッズも買って帰ってくれました。EXILEのATSUSHIさんからはお花も頂戴しました。皆さん自発的にお越しくださいました。

久々の音楽業界の皆様との仕事で、尾崎さんが生きていた頃は、自分も音楽をやっていたのもあって、わざわざ見ないようにして来た尾崎豊。それを、正面から見つめなおす機会をもらったことは、本当に感謝してます。やっぱ尾崎すごいです。

昨日の初日は、あまりにも若い人々が多く、本当に驚きました。尾崎の強いメッセージは、今の世代にも伝わっているようです。ありがとうございます。今日も頑張ります!

gq1023 at 07:14│

この記事へのコメント

1. Posted by 神戸っち   2012年09月08日 18:13
尾崎豊さんの息子さんの歌をテレビで見て鳥肌が立ちました。顔は似ても声まで似てるのはすごいです。

ぜひ関西でもやって頂けたらうれしいのですが。
生で聞いてみたいです。

最終日まで頑張って下さいね。
ネット社会尾崎豊は反社会的?