日本の近代史シャープの危機とは

2012年08月27日

歴史認識

朝鮮からの強制労働者問題や従軍慰安婦問題って、朝鮮側によってひきおこされてるんですよ。そういう、奴隷みたいに人を集めて送る輩がいたわけです。

その話しを出すと「それは国際問題になるから」って言うんですが、すでに国際問題になってるじゃーんって思うんです。だって、早く話さないとみんな死んじゃいますよ。今から話したって、何十年寝かしてたんだって話しじゃないですか。

そもそも「大韓帝国」って「清」の属国だったたんです。それを日清戦争に勝った日本が独立国にした。もちろん下心アリアリですがね。

その後、なんだかんだで世界中の大国に根回しして、世界各国によって大日本帝国の保護国になることが決まるんですが、これは、独立国にした後に、自立しようといろんな事をしたんですが、様々な事業に失敗し行き詰って日本に頼ったってだけです。

当時の朝鮮のトップは伊藤博文。彼はあらゆる文献や発言でも「韓国を支配下に置くのは自立するまでの期間だけだ」としています。ところが、独立を主張する民族運動家が暗殺しちゃった。おかげで日本の「植民地化せよ」ってグループが勢いづいちゃったんです。

そんなこんなで日韓併合になるのですが、これ違法って言ってるのって、世界で韓国と北朝鮮だけですよ。脅迫して日本にさせたんじゃなくて、大韓帝国側が属国としてピンハネだけされるより、同じ権利と立場を求めたからです。

植民地化をめざしたメンバーも、さぞかし残念だったことでしょう。だって道路も鉄道も行政機関も全部設置しないといけませんから。警察や郵便局も設置したんですよ。

各国の立場によって主張が違うのは分かりますが、「感情論で話しをするより正しい知識を持った上で極論を無視してきた」日本の過去の対応が間違っていたとは思いません。

それよりも、ソビエトvsアメリカの代理戦争で分断された朝鮮半島。とっくにソビエトなんて解体したんだから、1日も早く朝鮮半島が統一されることを祈っています。

gq1023 at 07:13
日本の近代史シャープの危機とは