Ninja250ってカッコいいなあ日本の近代史

2012年08月26日

なんかテレビまで原発ゼロって言ってる

第二次世界大戦に日本が参戦したのって、化石燃料欲しさだったんですけど、もう忘れちゃったんですかね。戦争始めた頃の人も、まだまだ生きてるんですが、平和ボケってこういうことなんですかね。

国策で原発推進してきて、平然とその電気使ってきて、事故が発生して永遠に自宅に帰れない人が出ても、その人々のために募金活動するんじゃなく、その方々の存在というか処理は国まかせで、自分と次世代のためだけに原発ゼロを叫ぶ。

これを解決するには、非核3原則「核兵器を持たず、つくらず、もちこませず」の撤回が基本になる。これを発言しちゃったから、原発という形でプルトニウムを製造しなければいけなくなった。

日本はプルトニウムを精製して、水爆のためのリチウム技術も開発して、それをアメリカに提供して水爆にしてもらい、どさくさにまぎれて持ち込んでもらってる。

「核兵器を持たず、つくらず」は良いとして「持ち込ませず」をどうしてるかというと、知らんフリしてるんです。ハワイで大量に核兵器積んだ艦船が、横須賀や佐世保に入るのに、持ち込んでないわけないでしょ。どっかで投棄したんですかね?

非核3原則を撤廃すると、領土問題なんてもっと難しくなりますよ。自力で核兵器を製造して核保有国にならないといけない。絶対にできないですよ。

こんなに大量にプルトニウムを持ってて、リチウムイオン電池製造できるぐらい水銀加工技術持ってる国なんて世界で日本以外ありません。これが最大の戦争抑止力になってる事を、メディアや文化人と称するスポークスマンは理解するべきだと思ってます。

gq1023 at 08:56│
Ninja250ってカッコいいなあ日本の近代史