選挙ってゲームじゃない赤線廃止(売春防止法制定)

2012年08月17日

大阪市・大阪府の財政状況は悪くない

a8979236.jpgじつは大阪市の財政状況は悪くないって知ってました?悪いって前提で話しをみてる人が多いようで、この話しをするとよく驚かれます。

実質公債費比率っていうのがあります。収入の中から借金返済に回す割合です。これ、大阪市は約10%。横浜・名古屋・神戸・京都・大阪の五大市で比較しても、一番低い水準です。

公共事業って年間5000億円も使ってた時代もあるんですが、今は1000億円程度です。平松前市長の時代に大規模改革やったんです。情報公開ランキングも1位。事業仕分けの導入も国よりも先にやってました。だから、橋下市長はやることないんです。ちょっと意外でしょ。まあ、やることあったら刺青アンケートなんてやりませんよね。

ちなみに大阪府も悪くありません。財政力指数では東京・愛知・神奈川に次いで4位。とはいえ、日本の都道府県で地方交付税をもらってない団体は東京だけなんで、別の言い方すると、東京以外の道府県が悪すぎるので、あまり大阪の悪さは目立ってません。北海道はお話しにならないぐらいダメです。

イメージで前知事は改革の人って思ってるかも知れませんが、やったのは文化や福祉の切捨てと公務員給与のカットです。これ、切り捨てられる側の反対が大きいから、改革してる感も出しやすいでしょ。

しかも、平成24年度の大阪府の借金総額って過去最高ですよ。橋下さんが知事になった平成20年から借金(地方債)が激増したんです。まあ、信じてもらわないでもいいんですけどね。

年収500万円の人が3000万円の家を35年フルローンで買うのって珍しいですか?税収1兆円の大阪府が6兆円の借金してるのって、同じことですよね。返済するのが個人じゃないだけ安心できるってのが唯一の違いです。

怖いのは冷静な目を失うことです。決して私は橋下さんを批判してるわけではありません。客観的現実を書いてるだけです。こんなの書くだけ書いておいて、後で「維新の会・兵庫2区・大野剛史」とか出てたらゴメンナサイ。

gq1023 at 08:09
選挙ってゲームじゃない赤線廃止(売春防止法制定)