負けるもんかいじめ自殺に犯人がいるとは限らない

2012年08月07日

東電ビデオ公開されましたね

bc076e93.jpgね、テレビ映像残ってたでしょ。テレビ会議システムの映像だけ公開されました。しかも、ほんの一部だけ。それも音声を意図的に消してます。外に出てはまずい部分は積極的に消してるわけです。

「性懲りのないヤツらだなあ」というのが正直な気持ちです。

まだまだ映像あるんですよ。だって見た人がいっぱいいるんですから。「そんなの分かるわけないだろ」とか「バッカじゃねーの」なんて言ってる映像もある。だけど音声消しちゃうんですよね。

1号機爆発のシーンは出てないようです。4号機爆発のシーンは音声消してるようです。「あー終わりだー」とか「地震だとまた津波が来るぞ」とか言ってるからでしょうか?でしょうかって書いてること自体が、そう言ってるでしょって感じですよね。

尖閣で他国の酔っ払い船長が海上保安庁の船に体当たりした件だって、心ある職員が映像流出させなければ、世の中に出回らなかったはずでしょ。犯人は早々のうちに釈放され祖国では英雄扱い。その処分を下した政府には何のお咎めもナシ。命を張って逮捕した職員たちは迷惑な話しを持ち込んだ当事者とされ、映像公開した職員は事実上のクビでした。

こんな映像、即日公開されないとダメでしょ。SPEEDIも私は最初から公開しろと言ってましたが、この映像は遅きに失した感があります。意図的に隠そうとしたことが完全にバレた。でも公開したのは理由があるはず。きっと、誰かコピーしたんですよ。

コピーした人は記念品として持っておくわけないですよね。もちろん公開前提です。仕事クビになるでしょうし、逮捕されるかもしれないから、身辺整理して家族に迷惑かからないようにしてから公開するでしょうねえ。出版社とかと組んでね。

そういえば福島第一の元所長ってガンで治療中ですよね。先日脳出血があったような話しもありましたよね。もちろん秘密の宝庫であることは分かりますよね。そうかー、そこから漏れるのかー。なんて推測してみたりして…。

まあ、そうなる前にみんな辞任する覚悟して、全編公開の上、正式に謝罪するほうが気持ちいい死に方できるんじゃないかと思います。

gq1023 at 07:51│
負けるもんかいじめ自殺に犯人がいるとは限らない