上げる消費税の使い道なんて論議してる場合か?パラリンピックのプロモーション映像

2012年07月29日

子供のいる世帯に金を落としてもムダ

e87c8578.png子供のいる世帯にお金を落としても少子高齢化対策にはなりません。晩婚化を防がないとダメなのです。着床率は年齢とともに低下するのです。

アラフォーなんて言ってる場合じゃない。40歳を超えると着床率は限りなくゼロに近くなり、ダウン症発症率は劇的にアップします。こんなの年齢別妊娠率見れば一目瞭然。

つまり、若い世代に結婚させて子作りさせなきゃいけない。20歳代で結婚して5年以内に出産したら100万円プレゼントなんてやるほうが、よっぽど効果的です。

不妊治療にお金がかかるって話題になってます。今、国会でも審議されてます。だけど、40歳超えた人は体外受精やっても簡単には着床しないんですよ。1割以下なんでね。

未就学児童の公立保育園の費用って、子供一人当たり平均すると17万円近くかかってる。これ月額ですよ。一番多いところだと50万円以上。そんなに金かけるんなら、その世帯に現金で支給して、共働きやめさせたほうがよっぽどいい。

なんか制度つくるたびに、そこに巣食う輩が出てきて税金をバンバン盗んでいくわけですよ。そして政府は「少子高齢化対策資金として○千億円を投入しました」なんて言う。それは「少子高齢化対策軍団に○千億円ぶん取られました」のほうが正しい。

こんな、そのへんの零細企業のオッサンに平然といちゃもんつけられるような仕組みをつくる国会ってなんなんですかねえ。どんだけ賢い人々が集まると、こんな馬鹿げた仕組みが作れるんですかねえ?

あの古臭い建物の中で、パソコンも持ち込めず携帯電話も触れず、バカみたいな論議を延々とやるのが日本の未来につながるわけがないと思うのですが、そう書いてる自分のほうが間違ってるのでしょうか?いまいちよく分かりません。

国会議員の皆さん、頼みますから、もっと実のある制度構築をお願いいたします。

gq1023 at 08:07│
上げる消費税の使い道なんて論議してる場合か?パラリンピックのプロモーション映像