WBCへのプロ選手参加拒否について海兵隊ヘリの安全性について

2012年07月22日

ちょっと昔の中国バイクから学んだこと

84ab9ea8.jpg先日3万円で買った中華バイク。送料を入れても5万円しなかったのですが、ヒッドイ品質です。走行するだけで、いろんなもんが落下する。あまりにも危険なので、一度全部バラして、交換できるネジ類は交換して組み上げました。

バラしてみて分かったのは、エンジンは2006年製。GS125のコピーエンジンです。スプロケといわれる歯車は前後ともカブの流用。車体はエイプのパクリ。車体フレームがセンターに来るエイプに、排気口がセンターにあるGS125エンジンを載せてるから、マフラーがフレームに当たってます。まあ滅茶苦茶な品質です。

たった6年前でこれだったわけです。だけど今は違う。だって日本でバイクって70万台しか売れないのに、中国って1200万台も売れるんです。そりゃあ技術も上がりますよ。

今年、自動車の第一汽車グループは、自社ブランド「紅旗」から「H7」を出します。写真丸目が共産党幹部が乗る「L7」で、その上がH7です。リアのセンターにあるエンブレムは大きく漢字で紅旗と書かれていて、その自信のほどがうかがえます。

この会社すごくて、紅旗ブランドでも古いマジェスタベースの車を出してますが、それだけじゃなく、グループ内でフォルクスワーゲン・トヨタ・マツダ等の車両も製造していて、自社工場がメキシコにもある。完全に技術レベルはグローバルなのです。

うちにあるホンダトゥデイってスクーターも実は中国製。4年前に買ったのですが、この時点では、まだまだいろいろありました。ホンダもホームページで中国製パーツについて言及してた事もありました。でもさすがに日本メーカーですんで、一気に問題一掃したんですよ。

大消費地ですんで世界中の技術が入る。それによって自国の技術が徹底的に磨かれる。かつての日本と同じように、いいものがあると聞くと買ってバラしてコピーする。コピー製品を製造する先にも技術が伝播していく。すっごい事です。

「北京でオリンピックなんてできるんかいな」って言ってた時代のバイクを触りながら、もしかすると「多くの日本人は、今の中国も技術レベルは変わってないと思ってるんじゃないか?」と感じました。いえいえとんでもありませんよ。今やトヨタの主力エンジンだって中国製の時代なんです。

ちょっと最新式の中国メーカーの中国製バイクを触ってみたいなーって思ってます。今度中国行ったら買って来よーっと。

http://www.faw.com/ 

gq1023 at 05:54│

この記事へのコメント

1. Posted by IKF   2012年07月22日 19:35
4 中国のメーカーのバイクは、ボロくては、とても〜 ?
見たことも聞いたことも、ないメーカーのバイクが走ってます。でも、現地の方は、関係なく、走れば、いい感じですよ。クルマの関連は、おっしゃる通り、技術は、上がってますね。技術に関わる方は、すごく勉強されてますよ。昔の日本人、アメリカに憧れてた時代と、一緒ですよ。
頑張りましょう。日本人。
2. Posted by Hippo   2012年07月23日 14:29
> IKFさん

いやー、たった6年前のエンジンが、ここまで振動バリバリだとは思いませんでした。でも中国のバイクメーカーも、どんどん切磋琢磨してレベル上がって来るんでしょうねえ。ただ、電動バイクを見ている限り、滅茶苦茶なのも売られてますね。

それにしても、これでも売っちゃう所にバイタリティを感じます。日本人もクレームを恐れて逃げ腰で仕事するんじゃなくて、それいけドンドンでやって行かなきゃなって思いました。
WBCへのプロ選手参加拒否について海兵隊ヘリの安全性について